• information
  • profile
  • stage
  • special
  • goods
  • faq
  • company
  • links
  • links
  •  
  •  
  • links
  • links

宮藤官九郎の小部屋の中の引出しの三段目の日記帖

2013年7月

2013年7月1日(月)
今日から本腰入れて大パルコを書きます!その前にあまちゃん今日から14週。完パケ見た時に「字幕多すぎ?」と思ったけど今日は気にならなかったぞ。慣れたのかな。古田さんの、スカイツリー?のくだりは、もう、さすがとしか言いようが無い。で、台本は…がんばったけどそれほど進まず、明日から頑張ります。

2013年7月2日(火)
あまちゃん。アキのブチぎれ良かったです。今日は大パルコやるぞ!と誓ったが、そういう日に限って原稿チェックが…。しかもロングインタビューが3つ。無理だ。明日から!

2013年7月3日(水)
あまちゃん。「じょじょ」これ…元々は「じょじょは焼肉よね」って書いたんだって思い出した。でもNHKだから当然NGで。その場で「奇妙な冒険はセーフですか?」と返せる俺で良かったと思った。そういう男でありたい。しかしユイちゃんは…。大パルコ、原稿チェック。そして次回作の打ち合わせ。強制的に頭を切り換える。

2013年7月4日(木)
あまちゃん。領収書!領収書!領収書!WASIMOの取材を受ける。出たのずいぶん前なのに新聞で取り上げてくれるそうだ。町山さんと映画秘宝の対談。スカイプで。あまちゃんの話はもちろん、中学生円山に関する俺と町山さんの奇跡的な繋がりが発覚して戦慄を覚えました。そのあとNHKに移動してラジオを録りました。新番組です。

2013年7月5日(金)
円形劇場で『断色』を見る。すごい緊張感。意外と重たいストーリー。1時間40分という尺。面白かった。夜はバウスで円山のトークショー。当初はサービスで『正当防衛』だけ歌う予定だったのですが向井さんが「もうトークはいいでしょう、宮藤さん、歌いましょう」と歌詞カードを渡された。結果6曲も歌った。楽しかった。12日最終日にトークショーやり直します。終演後、伊賀さん向井さん週プレ担当氏と飲む。

2013年7月6日(土)
今日は奥さんが仕事なので娘を連れて市民プールへ。バタ足と平泳ぎをひたすら誉める。そば屋寄って帰宅し、あまちゃんの完パケを見たり買い物行ったりして、俺的にも良い充電になったと思う。あまちゃん16、17週は必見ですね。

2013年7月7日(日)
執筆。夜がまん出来ずバウスシアターへ。でっかい方の劇場で円山を鑑賞。なんとエンケンさんもいらしてました(笑)最終日の12日はお別れトークもあるし、俺的にはこれが見納めかもな。

2013年7月9日(火)
執筆。あまちゃん見そびれた。

2013年7月10日(水)
あまちゃん。島田さん引っ越しましたよ。明日のこと考えると不憫だ~。三又さんありがとうございました。ひたすら執筆。あと、あまちゃんコンピレーションアルバムのコメントを書く。

2013年7月11日(木)
あまちゃん。得意の監督コント風な回ですが、これ、意外と誇張ではない。こういうのある。あった。本人は一生懸命やってるのに客観的にはこう見えているのです。きっかけや秒数、セリフ間違い。なんでこんな簡単なことが出来ないんだ、と思ってしまったら最後、すっかりはまって抜け出せないんです。挙げ句、忘れた頃に夢に見る。いつまでたってもOKが出ない悪夢。いやだいやだ。自分で書いてて直視できませんでした。そんな気分にさせてくれた能年さん。すごいです。夜、バウスで円山見納め。あるシーンでNG20越えて、そこで数えるの止めちゃったことなど思い出した。たまたま同じ回を見ていたマギーと軽く呑む。久し振りで楽しかったなあ。

2013年7月12日(金)
あまちゃんは北三陸に帰る。ここから16週にかけての北三陸パートは書いてて楽しかった。キャラクターが出来上がってるぶん楽だったし筆が走った。それなりに東京編でたまってたストレスを一気に発散した。俺自身も北三陸に帰りたかったんだと思います。円山トークショー。楽しかった。俺はこの映画を劇場で5回観て、こうすれば良かった、ああすれば良かった、これで良かったなど、色々思いながら観たけど、最終的には毎回同じ感想を抱いて帰った。これは他ならぬ俺にとっての、かけがえのない1本だ。

2013年7月13日(土)
執筆。あまり進まず。おっと、能年ちゃん誕生日だそうです。おめでとう。そうかあ、オーディションからちょうど1年だ。

2013年7月14日(日)
執筆。さほど進まず。

2013年7月15日(月)
執筆。あまちゃん91話見た。ほお。改めて、アキとユイのシーンが素晴らしかったので、これは何かプラスしてくれたのかなと思って読み返したら台本通りだった。構成もセリフも。ほぼ一緒。俺のってたな〜と思って日記を読み返したら2月13日。「煮詰まった」と書いてある。そうか。煮詰まってるくらいがちょうどいいのか。そして今日もまんまと煮詰まっている。

2013年7月16日(火)17日(水)
12時新宿発のロマンスカーで箱根へ。みうらじゅんさんと。週刊プレイボーイの取材です。1泊。写真撮りながら酒飲みながら歩きながら温泉入りながら宴会しながら対談した。楽しかったです。9月に本が出る予定。

2013年7月18日(木)
箱根旅行すごい楽しかったのに、その後、立て続けに腹の立つことが起こり、怒りを鎮めるのに丸一日かかった。そして気づいたら43才だ。うう。もっと温厚な人間になりたい。

2013年7月19日(金)
少し書き仕事。そのあとNHKで収録。約10年ぶりにコントです。緊張したあ。セリフ噛んだあ。でも楽しかった。その後『あまちゃん』の収録を見学して帰宅。娘が起きていたのでゲームしたり本読んだりしてからDVDで『さらば青春の光』を観る。たぶん5、6回観てるけど、今日がいちばんグッと来た。

2013年7月20日(土)
執筆。『頭痛肩こり樋口一葉』を見ました。いやあ、すごい良かったです。ある意味ミュージカルだとは知りませんでした。それでいて全く気恥ずかしくないのはすごいです。井上ひさし先生には、東北出身なので幼い頃から本には触れていたのですが、舞台は数えるほどしか観てない。でもなんか、知らない間に影響を受けているのかな。すごく親近感が湧きます。乾き方とか、視点とか。まあ、俺なんかが言うのは100年早いのですが。小泉さんは、あんな膨大なセリフと出番をこなしながら、あまちゃんも。どうもすいませんっ!

2013年7月21日(日)
一日かかって3ページしか書いてねえ。どうすんだよ。

2013年7月22日(月)
17週のサブタイトル「おら、悲しみが止まらない」か。いいねえ。悲しみ、時々止まるけど。 プチョン映画祭。草彅くんとヤンイクチュン氏まで来てくれて、大変な盛り上がりでした。本当にどっかんどっかん受ける。どういうことだ?会場に草彅君やヤンさんが居るから、気を遣って笑ってくれているんだな、と思いきや「むしろ今日は静かな方です。こないだの上映の時はエンディングで手拍子が起こりましたよ」マジか。中学生円山。日本向きじゃなかったのか?いやいや、日本のお客さんも無論素晴らしかった。ただ韓国のお客さんは、あらゆる意味で先入観なく見てくれている感じがした。構えてないというか、フラットに作品を楽しんでくれていた。ありがたい。

2013年7月23日(火)
昨夜は草彅君と、審査員として滞在していた樋口真嗣監督なんかと夜中12時過ぎに焼肉を食べた。いろんな話をした。韓国映画の話になり『ビーデビル』について喋っていたら、監督のチャン・チョルス氏が隣の店でマッコリ飲んでるから行こうと言われ、カムサハムニダしか喋れないくせに会いに行く。何度も「ビーデビル、カムサハムニダ、ビーデビル」と言って握手した。マッコリ飲んでて良かった。9時半起床。取材を幾つか受けて冷麺やカンジャンケジャン(カニの料理)を食べてヤンさんとお別れ。お土産買って成田へ。草彅君ともお別れ。2人ともカムサハムニダ。本当に、最後に韓国で見れて良かったです!

2013年7月24日(水)
魂のリハ。カヲルさん抜き。久し振りすぎて逆に楽しかった。

2013年7月26日(金)
なんとか強引に1幕を書き上げる。ここから大変だぞ。

2013年7月25日(木)
執筆。遅い。夜はあまちゃん関連の取材を受ける。視聴者の質問にいやー、人っていうのは、いろんな見方をするもんだ。深読みにつぐ深読み。ていうか、伏線を回収するとか、そういう楽しみ方、ここ数年の傾向ですよね。俺は本当に思いつきで、行き当たりばったりで書いているのに、そういうところを誉めてもらえると、なんか得した気分です。

2013年7月27日(土)
「盲導犬」を観る。ちゃんとしたアングラを久し振りに観た。唐組や梁山泊など、一応ギリギリ体験はしているので、驚くことはないけれど、これを当時まだ若かった唐さんや蜷川さんが作って、当時の若者が熱狂していたんだなと思うと感慨深い。今の若い人の芝居も見なくちゃ。熱狂しているのか?若い演劇ファンは。街を歩いていたら、週刊誌の記者さんに突撃取材されて度肝抜かれた。え?なに?俺なにした?「あまちゃんについてお話お聞かせ下さい」え?いきなり?俺がここ通るのなんで分かった?張ってたのだとしたら大変な仕事だ。そんな大変な人に「応援してます」って言われた。

2013年7月28日(日)
旅行に行くことにした。まだ先だけど。ここ数年、夏休みどこへも行ってないし、このへんで好感度を上げておかないとヤバいぞ。という感じで、半ば家族サービスのつもりだったが、自分自身が楽しみで仕方がない。こんなの初めてだ。今日も気がついたらガイドブックを探していた。夜は3D『悪魔のいけにえ』観た。うーん。3Dってあれだな、奥行きや遠近感という想像力を奪われるって事なんだな。フィクションよりライブ映像とかの方が向いている気がします。ストーリーはもう、結局は人間がいちばん怖いよね、という身も蓋も無い話。そういう意味で思いっきりR-18。

2013年7月29日(月)
あまちゃん。すごい緊張感だと思ったらタイトル明けラストまで一連で撮ってますね。しかも、明日の真ん中くらいまで続くんだよなあ。春子さんと鈴鹿さんは極力ラストまで顔を合わせないつもりで書いていたのですが、18週で突発的にこういう流れになってしまい、だったらきっちり盛り上げようと思い姿勢を正して書きました。って、こういう話もネタバレになってしまうのかな。気をつけます。

2013年7月30・31日(火・水)
自主的にホテルを取り二幕を書き進める。あまちゃん、あえて見ない。