• information
  • profile
  • stage
  • special
  • goods
  • faq
  • company
  • links
  • links
  •  
  •  
  • links
  • links

宮藤官九郎の小部屋の中の引出しの三段目の日記帖

2009年

2009年1月1日(木)
風邪が…。そして年をまたいで本直しが…。奥さんの実家に挨拶に行く。今年も雑煮が美味しかった。08年はドラマを2本やって映画を撮ってウーマンリブもあってアルバムも出した。さすがにしんどかった。09年は舞台の年だ。舞台挨拶も含めて舞台でがんばろう。

2009年1月2日(金)~9日(金)
元旦からいきなり映画の本直し。一年の計は元旦にありだとしたら俺は今年も本直しの一年だ。やだよそんな一年。でもしょうがない。今日から9日まで旅行なのだ。パスポートの期限が12日で切れる事を知る。あぶねえ。午後3時に本直しを終え、5時に出発。成田でいきなりカメラを向けられる。「宮藤さんどちらへ」「えと、か、か、カワイイ島?」「2009年はどんな一年になりそうです?」「はい、のんびりしたいです」。もうリゾート気分なので質問と回答が噛み合いません。1月2日の昼にカウアイ島へ到着。完全に奥さん任せの旅なので右も左もトランクの中身も何も分からず初日から何もしない俺。楽しい。ベランダでタバコ吸いながらコロナビールを飲みながらボンヤリする日々。ほんと楽しい。起きて朝ご飯。海に出てビール。お昼食べてコンドミニアムぅ?のプールで娘と遊んでベランダでビール。夜はソーメン食ってビール、で9時に寝る。2時に起きちゃう。でまたビール。溶ける。一年分のんびりしたぞ。と思ったらまだ4日だ。あと3日あるぞ。もたない。何もしないというのは難しいものだ。結局、前倒しで仕事を開始してしまう、で今、この日記を書いている。罪悪感。ショッピングモールでフラダンスを見たり『トロピックサンダー』のロケが行われたらしい場所に行ってみたりして日中をやり過ごし夜はぼんくらのように腹出してビール飲む。海を見ながら色んな事を考えたが忘れてしまった。そして帰国。いやー楽しかった。ちなみに帰りの飛行機で『トウキョウソナタ』を観た。とても良かった。

2009年1月10日(土)
事務所で打ち合わせ。バレンタインナイト、そしてR2C2の準備が始まった。まだワクワクする余裕がある。メカロックオペラだ。ワクワクしてなきゃ嘘だ。夜、ポリスの再結成ライブのDVDを観る。先に音源を聴いていたのだが、本当に三人だけで演ってて改めて驚いた。

2009年1月11日(日)
娘と映画を観に行く。『ミーアキャット』。アフリカの砂漠を舞台にしたドキュメンタリー。コブラやライオンやサソリが出て来るたびに「ダメ」と叫ぶ娘。そのあと井の頭公園でボートに沖縄料理屋でランチ。いかん、これは完全にデートだ。夜はhon-nin。

2009年1月12日(月)
新潟キャンペーン。今日は勝地くんも一緒。相変わらず分刻みのスケジュール。新成人が四千人とか集まったらしい。

2009年1月13日(土)
昼から打ち合わせ。夜やっとhon-ninを書き上げた。

2009年1月14日(水)
蜉蝣峠の制作発表。いやあ、自分としては「よそいき」のつもりだったが、古田さん曰く「いのうえさんでウーマンリブをやるような感じ」らしい。「にっかつロマンポルノのようでもある」とも言われた。それは狙った部分なので嬉しい。何はともあれ楽しみだ。バウスシアターでレイトショー。ローリングストーンズの『シャイン・ア・ライト』を観る。化け物だ。

2009年1月15日(木)
東映で取材を立て続けに受ける。20時30に終了して大人計画の新年会へ。ひょっとして俺、初参加?松尾さんも来ていて久しぶりに少し喋った。なんだか懐かしい感じの会だった。もう一軒行きたかったが明日も早いので泣く泣く帰る。

2009年1月16日(金)
打ち合わせ。本直し。ここまで順調。R2C2の書き出しで軽く煮詰まり『ウォーリー』を観る。不覚にも泣きそうになる。夜ケンラッセル版『TOMMY』を観直す。ロックオペラの金字塔だと思ってたんだけど…あれ?こんなだっけ?いろいろ戸惑う。

2009年1月17日(土)
恒例となった娘との午前中デート。動物園にも飽きたようだ。その後やっとR2C2に着手。

2009年1月18日(日)
キャンペーン大阪。うどんすきを食べる。

2009年1月19日(月)
キャンペーン福岡。もつ鍋を食べる。

2009年1月12日(火)
キャンペーン東京。テレビ2つと雑誌2つとウェブ2つ。だったと思う。

2009年1月21日(水)
R2C2。THE WHOのドキュメンタリーを観る。アルバム『フーズネクスト』のメイキング。

2009年1月22日(木)
プロフィール写真というのを撮る。まず帽子を被らずに撮る。周囲の反応が変だ。帽子を被って撮る。周囲から「クドカンだ」という声が上がる。どうなんだろう。テレビ出演用に取材を2つ受ける。

2009年1月23日(金)
R2C2。最近またYOUTUBEを見ている。ダイアーストレイツの『マネーフォーナッシング』という曲のイントロを正確にコピーしたいと思って検索したら、いっぱい出て来た。一般の方(外人)が自宅で(固定カメラで)そのフレーズをコピーしてアップしている。ちょっと面白い。みんな微妙に間違えてる。(本家の)マークノップラーが弾いてる動画もあるので見比べると、みんな惜しい。だけどコピー出来たと思い込んで、それをアップしてる。自慢したいのだろう。

2009年1月24日(土)
家にお客さんが来たので富士宮やきそばを食べる。そのあと漫画喫茶などを転々としながら、ひたすらR2C2。メカロックオペラと銘打ってはみたが、なにがメカなのか自分でも良く分からない。

2009年1月25日(日)
池田成志先輩の出ている『鉄人28号』を観る。鉄人がデカい。バカでかい。演劇の常識を越えたデカさだった。他にも演劇の常識を打ち破る演出が随所に見られる斬新な舞台でした。やりたいことをやる。あの心意気、見習わなくては。

2009年1月26日(月)
名古屋キャンペーン。ひつまぶしを食べる。やっと食べ方をマスターした気がする。駅であおいちゃんとお別れして岡山へ。

2009年1月27日(火)
岡山キャンペーン。ひとりなので不安もあったが何とかこなす。ばら寿司を食べる。

2009年1月28日(水)
R2C2。またYOUTUBE、今度はAC/DCの曲で検索してみる。みんな面白いように間違えてるっ!間違えてるくせに「ここはハーモニクスね」などと得意気に解説している。ギタリストはみな自己顕示欲が強いんですね。

2009年1月29日(木)
R2C2。夕方娘と公園でブランコに乗る。今さら「ラジバンダリ」を教え込む。

2009年1月30日(金)
メリケンPR。雑誌→ラジオ→テレビ→ラジオ。恵比寿リキッドルームでPUSA(ザ・プレジデンツ・オブ・ユナイテッドステイツ・オブ・アメリカ)のライブを観る。あーあ。少し泣いてしまった。思えば初来日を観たのは新宿のリキッド。10年以上前だ。その後、セカンドアルバムが出た時のツアーも行った。メンバーが何故か旅館の浴衣を着ていた。それも10年以上前だ。そして三回目。全く衰えていない。3分以上の曲が無い。相変わらずギターの弦は三本。ベースに至っては2本。しかもギターにベースの弦を張っている。こんなバンド世界中探しても他にない。最高。

2009年1月31日(土)
リチャード三世を観劇。分かりやすい。これでマクベスとリチャード三世は把握しました。そう言えば赤坂の駅を降りたら長蛇の列で、さすが楽日前だから並んでるなーと最後尾につこうとしたら、それは若槻千夏のセミヌードTシャツ販売の列でした。危ねえ危ねえ。夕方帰宅。今日は来客が二組もあって家がとても賑やかだった。久しぶりにちゃんとお酒を飲んだ。家で飲むのも楽しいな。娘が2時過ぎまで寝なかったけど明日お休みだからいいや。 

2009年2月1日(日)
ひたすらR2C2。今回は演出する時のことを考えずにバシバシ書いてみる事にした。今悩むのも後で苦しむのも俺なんだから。装置、衣装、音楽、そして俳優、いろんなパートで奇跡が起こるといいなと思う。すでに皆川くんは10秒で着替えないと間に合わない事になっている。苦しいのは俺だけじゃない。

2009年2月2日(月)
完成披露試写。途中から一番後ろの席で見た。お客さんが笑う。よく笑う。笑い声で結構大事なセリフが数カ所伝わってないのでは?と心配になった。これは動員を増やしたいから言ってるんじゃなくて、もう一回観た方が良いと思います。そう言えばトモロヲさんが取材の際に「この映画は日本初のパンクロックコメディです」と仰っていた。その通りです。これまで「コメディ」という形容に違和感を抱き続けて来たが、頭に「パンクロック」がついたら合点がいった。「日本初」というのが良い。これからはパンクロックコメディで行こう。

2009年2月3日(火)
R2C2とライムサワーのリハーサル。前者はまあ様子見程度に後者は思い出し思い出し。

2009年2月4日(水)
R2C2。初めて軽く煮詰まる。事務所で打ち合わせ。

2009年2月5日(木)
沖縄キャンペーン。三宅さんと二人で。飛行機の窓から鮮やかな青い海が見えた時は正直テンション上がった。三宅さんは沖縄5度目だそうで、数分おきに「サーターアンダーギー」と口走る。昼にソーキそばを食べる。取材を幾つか受け美川憲一のそっくりさんの番組に出て舞台挨拶を終え、夜は道筆さんという、沖縄では有名なシェフのお店で美味しい料理を頂く。

2009年2月6日(金)
その道筆シェフがイカを使って奇跡の料理を作ってくれる。そんな番組が沖縄にはあるのです。美味しかった。やっと取材を終え、美ら海水族館へ。じーんべーいざめ!那覇に戻ってお土産を購入。三宅さんまだ「サーターアンダーギー」。海ぶどうと島らっきょう等を購入。一泊じゃ沖縄は満喫できない。また行きたいです。

2009年2月7日(土)
R2C2。キャンペーンに挟まれて集中できない。

2009年2月8日(日)
宇都宮にてキャンペーン終了。12都市。我ながら良くやったと思う。もっとやってる人いるけど。これだけやって無視されたらもうしょうがない。

2009年2月9日(月)
ライムサワーのリハ。夜、岡山で買った讃岐うどんを食べる。岡山と香川が近いなんて行ってみないと分からないもんなあ。

2009年2月10日(火)
バレンタインナイト。楽屋が狂撃と一緒。たまたま修理に出したSGが戻って来たのでパンキー×3のギターを教えてもらう。それにしても奇跡のイベントだった。極端な話、映画関係なくても良いぐらい。まあ映画に関係してるから揃った面子なのですが。狂撃の『朝日』でウルウル。ザゼンの『KI・MO・CHI』でウルウル。サケロック、星野くんのマリンバでウルウル。ライムサワーは…今日はまあ名前だけでも覚えてもらえれば良しかな。銀杏。ニューヨークマラソンのアレンジがニューヨークパンク風でPUNKが生きている事を証明するようなヒリヒリするステージでした。ラストはねらわれた学園。この4時間をあおいちゃんが袖で見守っていた事が一番の奇跡なのかも知れない。公開までのカウントダウンが始まった。落ち着かない事この上ない。

2009年2月11日(水)
R2C2。風邪を引いてしまった。このごろは風邪を引いても薬と気力で踏ん張るので表立った症状は最小限で済む。それでも風邪を引いた事だけは分かる。夜マニンゲン。

2009年2月12日(木)
朝ラジかるっ!生放送はどうにも馴れない。事務所で取材×2、執筆、夜は食わず嫌い収録。長年見ている番組というのは気構えてしまうものだが今回はとんねるずのお二人に委ねる事ができた。偉大だ。あそこまで行くと逆に緊張しないです。結果は見てのお楽しみです。

2009年2月13日(金)
落ち着かない。

2009年2月14日(土)
メリケン初日。ブランチ→舞台挨拶→帰宅→スマステ。今さら映画に関してあれこれ言っても始まらない。監督として未熟な部分は多々あるがそれは今後の課題ということで。現在の、正確には2008年夏までの自分の全力を注入して作った代表作だと思っています。悔いはほとんどない。笑いっ放しだった人。ありがとう。泣いちゃった人。ありがとう。つまらなかった人。ごめんなさい。

2009年2月15日(日)
舞台挨拶×3。おかげさまでいずれも盛況。特に豊洲の劇場がヤバい。日本で一番大きなスクリーンだそうです。ここで観たいわ。終わって新感線の稽古場へ。少路に声をかけたら「順調です!」と即答され不安になるが、本当に順調だった。

2009年2月16日(月)
R2C2。夜『カトパン』収録。これでキャンペーン活動は一旦終了。また駆り出されるかもしれないけれど、とりあえずお疲れ、というわけで知人がたまたま近所で飲んでたので深夜に合流。偶然あんな人やこんな人にも会いましたがブログじゃないから書かないです。

2009年2月17日(火)
R2C2。メリケンサックが気になる。と言っても評論家の感想とかネットのアレとかじゃもちろんなくてお客さんがどこで笑いどこで集中してどこで飽きるのかナマの反応を今後の為にも見ておきたい。つまり劇場に行きたい。お金を払って見たいのです。一日中、劇場のスケジュールを見ながら、今、あのシーンだなとか想像している。明日か明後日、観に行こうかな。ごめんなR2C2。

2009年2月18日(水)
R2C2打ち合わせ。

2009年2月19日(木)
メリケンではなく、あおいちゃんの舞台を青山円形に観に行く。舞台が、役者が近くて戸惑ってしまった。演じる方はあまり気にしてないのか、たった三人できっちり世界を作っていた。夜、R2C2。なんだか乗らず、家に帰って食わず嫌いを再生。うーん。あれで良かったのだろうか。

2009年2月20日(金)
R2C2が上がらない。書いても書いても上がらない。早く稽古したい。稽古始まれば面白くできるのに。そう言えば今まで、自分で演出する舞台の脚本が稽古初日までに書き上がってたことあったっけ?メリケンの感想メールが続々と送られて来る。褒めてくれるのはもちろん、とりあえず2時間座って見てくれた事が嬉しい。芝居と違って見たフリもできるのに。俺はまだ観に行けてない。ごめんなメリケンサック。

2009年2月21日(土)
動物園。今日は完全に電池切れだな。伊勢さんから「宮藤くんなぜ観ないかなあ、ていうか観てよ」と言われたタランティーノの『デスプルーフ~グラインドハウス』をようやく観る。なるほど面白い。ドS中年一勝一敗といった感じ。伊勢さんの勧める映画に外れなしだ。伊勢さんは俺にとって、おすぎだ。

2009年2月22日(日)
R2C2。

2009年2月23日(月)
R2C2。体調が悪いと心もすさんでくる。そしてまた心がすさむような事ばかり起きる。

2009年2月24日(火)
治ったと思った風邪がぶり返す。こないだのは風邪じゃなかったのか?DVDで『アナーキー』を観る。やばい。メリケンサック観たくなって来た。撮る前に観てたら内容変わってたかも。実は中期『デラシネ』というアルバムが一番好きだったりする。

2009年2月25日(水)
今さら『ロッキーホラーショウ』を観る。大学時代、ミュージカル研究会というサークルがあり、学内の至る所でミュージカルナンバーを声高らかに歌っていた。俺は軽音楽部で、そんなミュー研を毛嫌いしていた。ところが文化祭でミュー研とセッションする事になり『ロッキーホラーショウ』の曲のギターを弾かされた。それがすごく辛くて、以来ロッキーホラーショウは死んでも見ないと心に決めていた。あの頃ミュー研だった人は、俺が今だに演劇なんかやってる事をどう思ってるんだろう。あ、映画は面白かったです。人造人間を作る話だったのね。R2C2と似てるぞ!ヤバいなあ。

2009年2月26日(木)
R2C2。うーん。もうちょっとなんだが。

2009年2月27日(金)
鈍獣の取材。色んなことを思い出しながら喋った。R2C2取材。あらすじを喋ると阿部くん未來くんとも不安な顔してた。そりゃそうだ。安心されても、それはそれで困るけど。つけ麺食って執筆。

2009年2月28日(土)
R2C2やっと終わりが見えたぞ。

2009年3月1日(日)
え、もう?二ヶ月早かったなあ。もうすぐ稽古が始まる。やばい。と言いつつ動物園。いい加減飽きたな。

2009年3月2日(月)
ここ数日偏頭痛がひどい。風邪でここまで頭が痛くなるわけがない。怖くなって病院へ行く。後日検査する事に。その後マッサージへ。終わったら頭痛が消えていた。やっぱり肩こりと腰痛が原因だったのか。検査どうしよう。このままパソコンに向かっては台無しなのでJAPAN-狂撃-SPECIALのライブを観に行く。途中、ニット帽のおじさんがダイブしてて、よく見たら増子さんだった。さっきまで隣にいたのに。

2009年3月3日(火)
何日だか忘れたが『チェンジリング』を見た。そして今日ついに『少年メリケンサック』を見た。比較するなんておこがましいが1800円同士なのであえて比較すると、そりゃーまあ前者の方がいい「映画」なんでしょうね、やっぱり脱帽。後者はようやく少しだけ客観的に見れた気がして良かった。いろいろ思うところあった。撮影から一年経ったか。また撮りたいなあ。撮るなと言われても撮りたいが、撮るために題材を考えるのは不純な気がするので要するにまた何か降りて来ないかなと思いながら目の前の仕事をやっつける。インドでメリケンのアイデアを思いついた時みたいに。

2009年3月4日(水)
なぜかマンガ喫茶で次回作、いや次々回作の構想を練る。また偏頭痛。やっぱ検査しよう。

2009年3月5日(木)
まずはCTスキャンを受けてみた。特になんも写ってない。が不安なのでMRIも予約。

2009年3月6日(金)
打ち合わせ。夜は赤坂で『流星の絆』の労を労ってもらった。すっぽん鍋を食べました。「美味しい」と「珍しい」が交互に襲って来た。ごちそうさまでした。

2009年3月7日(土)
娘の幼稚園の体験入学。面白かった。バンドリハ。まあまあ良い感じ。そのまま飲みに行った。

2009年3月8日(日)
R2C2の台本をついに送る。まあ、稽古やりながら直せばいいや。

2009年3月9日(月)
R2C2打ち合わせ。ドラマ『ありふれた奇跡』を今さらながら1話から順に観る。なんだよ。面白いじゃないか!

2009年3月10日(火)
阿部くんの歌練習。音楽打ち合わせ。そして山田太一先生と対談しました。週刊文春に掲載されます。メリケンサックを褒めて頂きました。

2009年3月11日(水)
稽古初日。うー始まってしまった。今回は演出家としてステップアップしたいものだ。夜は蜉蝣峠のプレビュー。1幕終了時の客席の戸惑いが印象的だった。書いてる俺も戸惑った。そして2幕の闇雲なサスペンスと高揚感と後に残る何とも言えない虚無感。新感線っぽくはない。ウーマンリブではもちろんない。これが壊(PUNK)なんだろうか。自分でも分からない。だから新鮮なんだろうと思った。また観に行こう。

2009年3月12日(木)
いきなり立ち稽古。順調なのか?『ありふれた奇跡』の10話をリアルタイムで見る。

2009年3月13日(金)
そして立ち稽古。順調だ。『ありふれた奇跡』の7、8話を見る。

2009年3月14日(土)
立ち稽古。順調過ぎないか?『ありふれた奇跡』の9話を見る。やっと追いついた。

2009年3月15日(日)
立ち稽古。それほど順調でもない。少し振付け。音楽、美術、映像の打ち合わせ。

2009年3月16日(月)
休み!純粋な休み!夕方、娘と公園へ。ブランコが貸切状態だったので喜んで「かしこり!お父さんブランコかしこり!」と大声で叫ぶので恥ずかしかった。

2009年3月17日(火)
歌練習。体調を崩してしまった。夕方おおひなたごうさんと対談。おもしろかった。『早春スケッチブック』のDVDを見始める。

2009年3月18日(水)
歌とバンド練習。打ち合わせ。『早春スケッチブック』を見続ける。圧巻。さらに『キス我慢選手権レジェンド』のDVDを見る。危うく買うところだった。テレビ東京さん、送ってくれてありがとう!

2009年3月19日(木)
MRI。特に異常は見つからず。やっぱり肩こりが原因なのか。明日から『釣りキチ三平』公開?ってことはメリケンサック終わるのか?と慌てて劇場へ。ついにサヨナラか…と感傷に浸っていたら、単にスクリーン数が減るだけで引き続き上映されるようです。これから始まる劇場もあるみたい。そういうの、監督はちゃんと知らなかったりする。しかし稽古が立て込んで来ると観に行けないので観て良かった。これで自分の中で踏ん切りついた。『ありふれた奇跡』最終話。らしいと言えばらしい、とても良い終わり方だった。

2009年3月20日(金)
稽古。夜は南野陽子さんと対談。独特な空気感を持つ方で楽しかった。喋りながら重大な事実に気づく。これで俺は三人の『麻宮サキ』と対談した事になる。浅香唯さん、斉藤由貴さん、そして南野さん。高校時代の俺からしたらもう「あがり」だ。死んでもいい。高校生じゃないから生きるけど。

2009年3月21日(土)
稽古休み。なんか休んでばっかりだが、そういう予定なのだ。文春を書いてから 突発的に部屋の掃除を開始する。

2009年3月22日(日)
稽古。お世話になった方の結婚パーティに顔を出す。

2009年3月23日(月)
稽古。夜は次回作の顔合わせ。

2009年3月24日(火)
稽古。夜は公演終了後のいのうえひでのり氏と対談。ありがたい言葉の数々と勇気をいただく。蜉蝣はプレビュー以降見れてないが相変わらずの賛否両論らしく、まあよその劇団に書き下ろす以上は覚悟していたのですが、ちょっとでも賛が増えると嬉しいです。

2009年3月25日(水)
稽古。

2009年3月26日(木)
稽古。今日は三宅&近藤くんとラーメンを食った。美味かったが、そういえば家に頂き物のカキが大量にあるのだった。すっかり忘れていた。食えるのか?

2009年3月27日(金)
朝からカキフライだ。そして稽古。その後、渋谷で取材。

2009年3月28日(土)
稽古。終わって珍しく飲みに行った。

2009年3月29日(日)
稽古。終わって音楽打ち合わせ。

2009年3月30日(月)
稽古。文春の連載のネタに煮詰まりお酒を飲んでしまう。ジンジャーハイボールという、吉祥寺の新たな名物を初めて飲んだ。美味しい。

2009年3月31日(火)
休み。さまざまな甘い誘いを断って整体へ。その後、軽く仕事。夜中にTHE WHOのドキュメンタリー『アメージングジャーニー』のDVDを見る。

2009年4月1日(水)
熱っぽい、が、稽古。ダンスと歌を中心に。考えてみたら稽古以外にも仕事あるのだが手が付けられない。

2009年4月2日(木)
稽古。終わって音楽打ち合わせ。体調が悪い。

2009年4月3日(金)
稽古。この日記、後で読み返しても何も分からないな。

2009年4月4日(土)
稽古。終わって反省会ぽく軽く飲みに行く。今日は声楽の先生を招いて基礎から歌を学んだ。なかなか強烈な経験だった。

2009年4月5日(日)
蜉蝣峠を観に行く。二回目。全体にスピードアップした印象。しかも丁寧な部分が前より増えていた。要するに完成度が上がったのでしょう。自分の本に対する反省点などもないではないが今は演出家モードなので目前に控えたR2C2のことで頭がいっぱいだ。頭が痛い。

2009年4月6日(月)
稽古。うーん。台本が早く上がっていると時間を持て余してしまうものですね。家に帰ってもやる事がなく、かと言って次の仕事に取りかかるほどの余裕もなく。

2009年4月7日(火)
稽古。

2009年4月8日(水)
はなまる。娘の話もネタ切れかな?そのままTBSで打ち合わせ。江古田に移動して日藝賞をもらう。中退なのに。お世話になった先生が三人もいた。三人とも高齢なのにタバコすぱすぱ吸ってたのが心強かった。俺は年内にやめるけどね。

2009年4月9日(木)
稽古。しんどい。一番出番が少ないのに。何故だ。

2009年4月10日(金)
幼稚園の入園式。その後『なくもんか』の現場を見学。なんか…セットに圧倒されてしまった。こんなに豪華でいいのか?恐縮してしまった。阿部くんと瑛太くんの絡みをセットの隙間から覗き見る。

2009年4月11日(土)
またパンクロックを聴いている。精神的に荒れているのと、80sパンクの名盤中の名盤、THE SWANKYSの『Never can eat swank dinner』のCDを中古で見つけたのだ。安くはなかったがテープしか持ってなかったので飛びつく。そこから火がついて、SS、GAUZE、あぶらだこ、ばちかぶり、スターリンなんかを聴いている。知らず知らず朝方です。

2009年4月12日(日)
稽古中に突然胃痛に襲われ座り込む。歌、ダンス、演奏、やるべき事が山積みだ。そう言えば昨日は素敵なゲストを招いて劇中歌のレコーディングをやった。楽しかった。そして初めて通し稽古。しんどい。普通のミュージカルが野球なら、これは三角ベースだ。すぐに出番が来る。演出家なのにぜんぜん見れない。せめてキャストがあと3人いれば。あるいは休憩が入れば。いや、9人で2時間ちょいというのがいいんです!

2009年4月13日(月)
疲れがピークに達したので稽古を早く切り上げる。家に帰ってギターの練習。アルペジオが出来なくてイライラして右中指の爪が割れた。

2009年4月14日(火)
稽古後、軽く飲みにいった。

2009年4月15日(水)
通し稽古後、照明打ち合わせを1時近くまでやる。

2009年4月16日(木)
最後の稽古休みだが、なんだかんだ細々した仕事で明け暮れる。

2009年4月17日(金)
衣装合わせ。かつてないほど派手なコスチュームだ。わくわくする。

2009年4月18日(土)
通し稽古。ちょっと長い。

2009年4月19日(日)
通し稽古。ちょっと巻いて下さいと言ったら5分も縮んだ。

2009年4月20日(月)
問題発生につき通し稽古をせず。

2009年4月21日(火)
衣装をつけて最後の通し稽古。これは大変な芝居だ。もといオペラだ。

2009年4月20日(水)
芝居の細かい部分を修正して稽古終了。その後「なくもんか」の打ち上げに行く。現場には一回しか行けなかったが完成が楽しみです。ところで、この映画には高橋ジョージさんが出ている。地元が一緒なのは知っていたが、詳しく聞いたら家が50m?くらいしか離れていなかった。うちの文房具屋にも買い物に来ていたらしく、中学の頃に、生まれたばかりの俺を抱っこしている母を見たと言う。これはすごい事だと盛り上がり、同時に、このすごさを共有できるのは、我々二人しかいないという現実に気づく。俺も酔ってたので、神社の名前、川の名前、本屋、レコード屋の名前などを大声で叫んでいた。気がついたら我々の周囲から人が減っていた。

2009年4月23日(木)
休みだと思ってた。夕方から劇場でサウンドチェック。うーん、稽古場との違いに戸惑う。それから劇用の映像を撮影。

2009年4月24日(金)
引き続きサウンドチェックに時間がかかり場当たりが思うように進まない。

2009年4月25日(土)
場当たり。ギターの音が大き過ぎるようだ。アンプの目盛りは稽古場より小さくしているので劇場の構造でしょうか。ステージ上では自分の音が聞きづらい。しかし客席ではうるさい。参った。

2009年4月26日(日)
ゲネプロ。緊張とか焦りとかを通り越し、逆ギレみたいな心境。最後まで止まらなかっただけで偉いと思った。音の問題は少し解消された。深夜に帰宅。朝から何も食べてないのでラーメン屋へ行ったら休み。ひとりで沖縄料理屋へ行く。明日のことが心配で神社へお参りに行く。

2009年4月27日(月)
初日。とりあえずギタリストとしては60点です。終わったら人差し指が血まみれだ。ロビーで乾杯。おおひなたごうさんと池田成志先輩が来てくれた。飲みに行ったがあまり記憶がない。

2009年4月28日(火)
いきなりの休演日。どうしろと言うのでしょう。コーエン兄弟の『バーン・アフター・リーディング』を観に行く。ブラッドピットのバカっぷりを大いに堪能。『トロピックサンダー』のトムクルーズといい、 向こうのスターは脇役で暴れてもひと味違う。一日遅れで娘の誕生会をやり、夜は次回作のプロットを書いたり。

2009年4月29日(水)
いきなり2ステ。また初日みたいな緊張感。終わって軽く飲みに行く。帰りの方向が一緒なので近藤くんとタクシーに乗る事が多いのだが、確実に寝てしまう。ダメな先輩だ。

2009年4月30日(木)
劇中でフライングVを使っているが、どうも体に馴染まないため近未来的なSGを買おうと楽器屋へ。シルバーの、とても良いのを見つけたのですが、あと一歩が踏み出せず購入には至らなかった。フライングVの見た目には到底かなわないし、SGすでに3本持ってるし。夜は『印獣』の会合。ああ、書かなきゃ。

2009年5月1日(金)
『スラムドック$ミリオネア』を観る。完璧すぎる構成、俯瞰の画がいちいち素晴らしかった。インドでの撮影の過酷さを多少知っている身としては頭が上がらない。俯瞰てことは何メートルか太陽に近いって事ですから。で、本番。今日は飲まずに帰る。ゴールデンウィークか。最大15連休らしいですね。半月じゃん。あほか。

2009年5月2日(土)
2ステ無事に終える。昼夜間に今年初の冷やし中華を食べる。

2009年5月3日(日)
R2C2の客入れ音楽を変更する。4年ほど前にパルコ劇場で見た清志郎さんの『ワンマンショウ』が素晴らしかったとパンフに書いて、その勢いで今回の客入れはRCサクセションで行こうと思い、一曲だけ2・3sが入ったけど我ながら良い選曲だなあ~と開演前の30分間しみじみ、そして徐々にテンションを上げていたんだけど…。うーん…。まさか…。そう言えば初めてちゃんと挨拶したのもパルコの楽屋だった。差し入れで渡したゼブラーマンのフィギュアを次の日ORANGEのアンプの隣に飾って下さったそうです。そのパルコで今お芝居をやっていて昨日まで毎日RCを聴いていたのだが…。うーん…。ちょっと今は辛いかもしれない。あー…。ため息ばかりもれてしまいます。こういうの書くの苦手なんですけど、この日は忘れちゃいけない気がするので。本当にありがとうございました。

2009年5月4日(月)
昨日は昼公演のみだったので気晴らしにライブに出かけた。いきなり楽屋に案内され、ロックの、というかパンクの強者たちの醸し出す独特の空気にすっかりやられてしまった。JAPAN-狂撃-SPECIAL、ゲタカルビには間に合わず、KENZI&THE TRIPSから参加しSA、ZI:LIE-YA、毛皮のマリーズ、BACILLUS BRAINS、そして怒髪天。さすがに浮かれ疲れた。そして飲み過ぎました。ラストにDJが『雨上がりの夜空に』をかけて、あー…うーん…。今日も昼のみで、夜はシティボーイズを観に行く。これまたコントの強者の醸し出す空気に目眩がしました。

2009年5月5日(火)
休演日。そしてこどもの日。サービスしないわけにはいかないと思い雨にも負けず浅草へ。数日後に母子がUSJに行く予定なのでバランスを考えて花やしきに連れて行きました。そして仲見世をうろうろして浅草寺にお参りして帰って来ました。

2009年5月6日(水)
昼夜。ダンス稽古でぎっくり腰寸前のピンチ。でも何とかやり過ごす。少し飲んで帰りはまた近ちゃんに送ってもらう。申し訳ない。朝方目が冴えて『バニシングポイント』を久しぶりに見た。たまにこういう野蛮なものが見たくなる。『わらの犬』とか。

2009年5月7日(木)
次回作、次々回作、次々々作、のことを考えながら喫茶店をハシゴ。結局悶々とするだけで一行も書けてない。映画でも見れば良かった。夜もテンション上がらず缶ビール飲んで帰る。あーあ。

2009年5月8日(金)
本番前に取材。今日はマイクや楽器のトラブルが多かった。どうも渋谷の電波が混線してワイヤレスマイク、及びギターとベースに支障が出たそうだ。電波め。イライラする。終演後、屋根裏でエレクトリックイールショックがライブをやってたので観に行く。良かった。客入れ、ザ・たこさんの次はイールショックにしようかな。

2009年5月9日(土)
昼夜。今日はどっちも良かったと思う。そして松田龍平くんの誕生日。なのにカードゲームで負けて飯代を6人分払っていた。かわいそう。ごちそうさま。

2009年5月10日(日)
昼のみ。飲みには行かず大人しく地元に帰る。近所で三宅伸治さんのライブがあるらしい。本番中にこんなにライブ見るのも、芝居がこういう内容だからかな。一旦帰宅し娘を連れて観に行く。アンコールで『雨あがりの夜空に』をやるのでギター弾きませんか?と誘われる。なんとホンジャマカの石塚さんも『スローバラード』を歌うらしい。本番中で青山のお別れ会にも行けなかったし、これは断れないぞ、と喜んで参加。そう言えば三年前、同じく三宅さんのライブに清志郎さんがゲスト出演した際、同じような流れで『雨上がり~』を弾いた。緊張しすぎてあの有名なリフを間違えてしまった。最後のセッションだった。今日はそのリベンジだ。D→D→G→D→A→G…と呟きながら弾く。今日は間違えなかった。このリフを考えた清志郎&チャボはやっぱすごいと弾きながら思った。

2009年5月11日(月)
『THIS IS ENGLAND』を観た。いやあー俺はこういう映画が大好きだなあ。痛みと可愛げのコントラストが絶妙でした。夜、いのうえひでのり氏が観に来たので飲みに行きました。

2009年5月12日(火)
次回作。久しぶりに職務質問を受ける。直前にその気配を察知できた。なんだか 少し嬉しい。免許証を提示すると片方の巡査が「…ですよねえ」と言った。今日はJAPAN-狂撃-SPECIALのド派手なTシャツを着てたからかな。あるいは「なんか見たことあるぞ」→「雑誌?テレビ?もしや指名手配犯?」→「とりあえず声かけちゃえ」→「すいません鞄の中身を」→「…ですよねえ」という流れなのか。次こそ聞いて確かめよう。次?

2009年5月13日(水)
いきなり二回公演。遠山景織子さんが観に来てやっぱり飲んでしまった。ウーマンリブの頃は忙しくてあまり飲めなかったのでまあ良いか。

2009年5月14日(木)
昼。次回作。夜はいろんなお客人がいたが体調のこともあって缶ビール飲んで帰宅。

2009年5月15日(金)
昼は何してたか覚えてない。夜は大人しく帰るつもりが、ひとりで飲みに行った。一杯だけのつもりが知らない人に奢られて数杯飲んで11時台なのにタクシーで帰る。

2009年5月16日(土)
鈍獣の舞台挨拶。パルコのシネクイントで上映中です。大ヒット祈願のドでかいクラッカーを持たされ緊張する。以前『クワイエットルームにようこそ』の完成披露でもクラッカーを持たされ、俺のだけ鳴らなかったというトラウマがある。今回は鳴った。良かった。昼夜公演。演劇の先輩方がいらして次回作、次々回作の話をしながら飲む。

2009年5月17日(日)
昼のみ。夜は奥さんのご家族と焼肉を食べた。肉を食えば元気になると色んな人から言われたが、食ったら途端に眠くなった。深夜、激しい胃もたれで目が覚め本を読んだりギターを弾いたり原稿を書いたりしてたら目が冴えてしまった。朝5時やっと就寝。

2009年5月18日(月)
8時起床。10時に二度寝。いいともに阿部くんが出てる。ヘンなTシャツ着てる。夜は文春関係の皆さんと飲む。楽しかった!

2009年5月19日(火)
ひょんな事からユニコーンを武道館に観に行く。正直に告白しますが、ユニコーンには特に思い入れがない。いわゆる「通ってない」というヤツです。おっさんのジャケットのヤツと、シングルや代表曲しか知らない。再結成のアルバムは気に入って聴いている。そんな程度で大丈夫だろうか。楽しめるのか。もちろん楽しめた。いやー楽しかった。すごいバンドだったんですね。いわゆる再結成感が薄いのは解散前をよく知らないからでしょうか。とにかく驚いた。あと魂の年の取り方なんかを改めて考えた。我々も一回解散した方がいいんでしょうか。今さら遅いか。

2009年5月20日(水)
WOWOWの収録日。昼は恐ろしいほどトラブル無し。そして夜は恐ろしいほどトラブル続き。なるべく昼の映像を使って欲しいのだが、いかんせん夜の方がお客さんの反応は良かったんですよね。終演後『泣くもんか』の皆さんと飲む。久々に飲み屋で寝るという愚行。でも気持ちいいんですよね。ごめんなさい。

2009年5月21日(木)
昼間、あまり使いものにならない。夜、清水ミチコさんが観に来てくれた。早口で褒めてくれた。

2009年5月22日(金)
終演後あべ一座の打ち合わせ。頭スカスカだけど何とか頑張った。

2009年5月23日(土)
昼夜。疲れた。早く帰るが眠れず、三宅さんから借りたパンクドキュメンタリー『UK/DK』『インディーズの襲来』を見る。これらをリアルタイムで録画している三宅さんのパンク精神は底知れない。

2009年5月24日(日)
昼で終わって火鍋というのを食べに行く。辛い。上海でも食べたが本気で辛い。鍋の真ん中に仕切りがあって、辛い方と辛くない方に分かれてるのだが、辛くない方も辛い。俺に言わせりゃ辛い方ともっと辛い方だ。辛さに負けてビール飲んだら酔っ払うと思って途中から水にしたら酔いが醒めた。

2009年5月25日(月)
文春やら打ち合わせやらやって本番。

2009年5月26日(金)
休演日。あべ一座とかいろいろの台本。

2009年5月27日(水)
昼夜二回。昼はR2C2のモニター画面に不具合が生じて焦る。夜はトラブルもなく終える。

2009年5月28日(木)
『楽屋』を観に行く。面白かった。隣の席が勝地涼くんだった。静かな場面で俺の腹が鳴るのを見かねたのか、そっと龍角散のど飴をくれた。ガリガリと噛んで飲み込んだ。夜は東京公演の打ち上げ。もつ鍋。

2009年5月29日(金)
少年メリケンサックの副音声。コメンタリーは本当に楽しい。コメンタリーだけで生活できたら何本だってやる。コメンタラーになりたい。その後DVDの取材を2つ。本番まで時間があったので酸素カプセルに入る。効いた。で本番。

2009年5月30日(土)
2ステ。

2009年5月31日(日)
東京楽日。大阪もあるけど、なんかホっっっとしました。1ヶ月強でしたが不思議と飽きなかった。生演奏があったからでしょうか。

2009年6月1日(月)
オフだ。娘とボートに乗ったりブランコに乗ったりした。

2009年6月2日(火)
あべ一座の書類選考とNHKホール下見。記者発表。そのまま大阪へ。劇場は大きいのに舞台は東京より狭い。ホテルであべ一座の台本。

2009年6月3日(水)
サウンドチェック。そしてゲネ。お客さんがいないだけで芝居が6分縮んだ。どういうことだ。犬顔家の時に何度か行った沖縄料理屋へ行く。店の人が三線を持って来て「何か歌いましょうか」と言うので♪おじい自慢のオリオンビ~ルという曲を歌ってもらう。煽られてなんとなく踊る。初日前になにやってんだ。

2009年6月4日(木)
初日。昨日のゲネ後に劇用映像を大阪用に急遽撮り直したのをチェックして本番。カーテンコールが一回で済まず拍手が鳴り止まない。初日打ち上げ。

2009年6月5日(金)
昼は部屋で仕事。本番を終えてツタヤでDVD借りて、みんなともつ鍋を食べる。今日も拍手が止まなかった。どうしよう。

2009年6月6日(土)
2ステージ。突然右の肩が上がらなくなって昼夜の間に治療院へ行きパワフルなマッサージを受ける。今日から諦めてカーテンコールを一回増やすことにしました。何度も出るのは好きじゃないけれど5分も拍手させるのは申し訳ない。中には帰りたいのに帰れない人もいるだろうし。そもそもカーテンコールって必要か?どうも予定調和に感じてしまうんですね。お客さん的にはサービスして欲しいのかも知れないけれど、燃えカスみたいな状態で出て行くのは気が引けるのです。それってサービスか?そう思うのはオレだけか。舞台袖でカーテンコールのために待機している役者を見てるといたたまれない気持ちになる。そう思うのはオレだけなのか。

2009年6月7日(日)
昼のみだったので大いに飲んでしまった。

2009年6月8日(月)
休演日。あべ一座→印獣→あべ一座。ツタヤで借りた『シャイニング』を観る。久しぶりに観たら随分印象が違った。

2009年6月9日(火)
2ステージ。また肩が上がらなくなった。梅田で飲んで爆睡。

2009年6月10日(水)
治療院でマッサージ。本番。

2009年6月11日(木)
美術の小泉さんが来てくれた。わざわざ日帰りで。嬉しい。終演後、三宅さんとベティのマヨネーズへ行く。なんだかホッとする。その後ライブで大阪に来ていたタッチミーの打ち上げに合流。タッチとミーのありがたい話をたくさん聞く。三宅さんとうどん食って帰る。ああ、満たされた。

2009年6月12日(金)
あべ一座。本番終わって直帰。大阪に来てから確認やら〆切やらあるのに、ついYOUTUBEで『おねだりマスカット』を見てしまう。オレが言うまでもないが見れば見るほど笑えるなあ。

2009年6月13日(土)
2ステージやって打ち上げ。伊賀さんがわざわざ来てくれた。嬉しい。2軒目でレッドアイを注文したところで気を失った。

2009年6月14日(日)
終わってしまった。終わるのが名残り惜しいと感じたのはもしかしたら初めてかも知れない。どんなに好きな作品でも現実的になる瞬間があって例えば「今日は体が重いな」とか「家でゴロゴロしたかったな」とか思うものだが、それが無かった。幕開きでR2C2が動き出すだけで毎回ワクワクした。未來くんが踊り出す瞬間、阿部くんが歌い出す瞬間ワクワクした。なんだろう。音楽の力なのか。そんな事を考えながら出番と出番の合間に楽屋を片付け、舞台に立てばひとつひとつのセリフとの別れを惜しみながらゴミ箱に捨てていくような千秋楽だった。ゴミ箱って事はないか。しかしこの作品の為のセリフも衣装も美術も音楽もすべて他の作品では使えない。終わってしまえば捨てなきゃいけない。なんだか切ない。とりあえずポコペン(宇宙人)のオブジェを1つ持って帰りました。どうもありがとうございました。

2009年6月15日(月)
娘と定番のデートを軽くこなしてあべ一座執筆。

2009年6月16日(火)
あべ一座。清志郎さんの『Oh!RADIO』を聴きながら。関係ないけどザ・たこさんのニューアルバムが7月に出るのですが、その中に「『初期のRCサクセション』を聴きながら」という曲が入っていて、とても良い曲です。聴いた方がいいです。

2009年6月17日(水)
あべ一座。6月はやたらとライブが多い。仕事や育児やその他もろもろを考えると、とても全部は行けない。あっちに行ってこっちに行かないのは角が立つので日記には書かずこっそり行こうと思います。

2009年6月18日(木)
あべ一座音楽打ち合わせ。阿部Bさんは頼もしい御仁だ。その後ひたすらあべ一座のコントで煮詰まる。

2009年6月19日(金)
あべ一座のコント。夜は奥さんが仕事で娘と散歩。銭湯に連れて行くと何故だか大喜びで隣のバーで俺がビール飲んでる間ずっと外でシャボン玉で遊んでいた。帰って再びあべ一座。

2009年6月20日(土)
あべ一座オーディション。100人以上のあべ、およびあべもどきに会う。さすがに疲れた。

2009年6月21日(日)
父の日なので昼と夜は家族で食事。それ以外の時間はパソコンに向かってました。

2009年6月22日(月)
衣装合わせ。ちょいとドラマに出ることになりました。調べたらなんと6年振りでした。映画はねえ~、ちょこちょこ出てたんですけどねえ~。打ち合わせ×2。

2009年6月23日(火)
メリケンサックDVD用取材日。一部あおいちゃんと一緒。

2009年6月24日(水)
印獣。前の見えない霧の中を懐中電灯片手に歩くような、そんな書き出し。

2009年6月25日(月)
あべ一座顔合わせ。自己紹介が一番オモシロかった。みんなアベってウケる。

2009年6月26日(月)
仕事。夕方から久々に下北へ行く。

2009年6月27日(土)
あべ一座リハ。いやー、笑ったり頭抱えたり色々あるなあ。勝手が違い過ぎて戸惑ったり笑ったりです。

2009年6月28日(日)
ドラマの収録。いやあ緊張したなあ。

2009年6月29日(月)
魂リハ(三人)。とりあえず思いつくまま色んな曲をやったら全身筋肉痛になる。

2009年6月30日(火)
桜姫を観に行ったら隣が阿部くんだった。事務所で『印獣』執筆。

2009年7月1日(水)
あべ一座リハ→魂リハ。疲れて10時過ぎに寝た。

2009年7月2日(木)
印獣の写真撮影&取材→事務所で執筆。いつもの事だが書き出しは行ったり来たりです。

2009年7月3日(金)
あべ一座リハ。

2009年7月4日(土)
一日休みをもらって『印獣』。

2009年7月5日(日)
数日前に河原雅彦さん演出の『EVILDEAD~死霊のはらわた』を見て久しぶりに原作が見たくなりツタヤへ。魂のリハ→ドラマ。深夜一杯ひっかけて帰宅し足の薬指をベッドの足にぶつけて悶絶。なぜ薬指?小指ではなく。

2009年7月6日(月)
左足の薬指が痛い。騙し騙し仕事するがどうにも痛い。痛さでわけ分からなくなって家族で焼肉。靴下脱いだらありえないほど腫れている。デザートも頂かず夜間受付のある病院へ。医師の態度がすこぶる悪い。触りもせず湿布も出さず、しかもサラっと「ぼく内科なんで」だと。レントゲン技師がいないから明日来てと言われる。なんかムカついて別の病院へ。医師の態度すこぶる良い。レントゲンを撮ると「折れてはいないようだけど、この腫れ方はへんなのでヒビが入ってるかも」と言われる。……だろ?

2009年7月7日(日)~9日(木)
あべ一座リハ。今日から3日間は全員揃ってわりとガッツリやる。一般のあべさん約80名が加わる。この人達には演出家というポジションはどう映るんだろう。なんか偉そーに指示出して時々笑って頭掻きむしってスタッフに小言いってるだけの男だと思われてるんだろうな。ま、いいや。実際そうだし。

2009年7月10日(金)
NHKホールで場当たり。勝手が違い過ぎていろいろテンパる。これは芝居じゃなくて公開収録なんだと自分に言い聞かせつつも、舞台転換など細かいところで色々言いたくなる。まあ放送ではカットする部分なんですが。あべ静江さんの『みずいろの手紙』で心洗われる。あべこうじさんが稽古のたびに違うネタを披露してくれるのだが、それが全て面白いという事実に軽くショックを受ける。すげえな。

2009年7月11日(土)
本番。まあ詳細はオンエアを見て頂くまでお楽しみということで。みんな良くやりましたよ。阿部義晴さんに作って頂いた曲も本当に素晴らしく出演者もなんだか気合い入ってたし。田辺さんが仰っていたが、1回こっきりという緊張感が良かった気がする。ただいかんせん長かった。俺のせいだけど。収録の都合上サクサク進められないもどかしさもあった。「ゆるい」+「過剰なサービス」=「長い」という感じでした。はい。あべ達は打ち上げに向かう中、明日早いので帰って寝る。

2009年7月12日(日)
朝からこち亀。基本的に眠い男の役なのだが「本番5秒前!」の声でどうしても目が覚めてしまう。これはまずいと思いどんなシーンでも「本番5秒前!」の声とともに無理やり欠伸をすることにした。5秒できっちり欠伸を終え、カット頭では眠そうな顔になっている筈だ。

2009年7月13日(月)
今日もこち亀。監督の坪井さんは「木更津キャッツアイ」のチーフ助監督で「マンハッタンラブストーリー」「タイガー&ドラゴン」「吾輩は主婦である」などを撮ってもらった良く知っている人なので緊張はしないのだが、思いのほか体を張った演技を要求されている。

2009年7月14日(火)
魂リハ。大阪の選曲がだいたい決まる。足元に並んだエフェクターの半分は今回使わないという事が判明した。ギターもSG一本で行けそうだ。そんな選曲だ。

2009年7月15日(水)
カムイ外伝の試写に行く。隣が小林薫さんで緊張した。感想、うまく言えませんでした。いやあ感慨深い。初稿から丸3年、決定稿からも2年近く経ってますからね。なんか色々忘れてたり、そのくせ細かい部分は覚えてたり。とにかくスケールがでかい。夜は印獣。

2009年7月16日(木)
あべ一座の取材→印獣。明日からツアーのリハが始まる。

2009年7月17日(金)
ツアーのリハ。肉体的にも精神的にもしんどい一日。

2009年7月18日(土)
リハ中に左足の例の指に激痛が。もう2週間ちかく経っているのにこれはおかしいと再度病院へ。めちゃめちゃ混んでて11時過ぎに「ヒビが入ってるんでしょうね」という診断。帰りに寄ったカフェで『HAPPYBIRTHDAY』と描かれたケーキが出て来た。あ、誕生日!

2009年7月19日(日)
39才になった。そして忘れてならないのは今日が父の命日であること。さっき母から電話があるまで忘れていた。うーん。父に関する記憶は年々薄れてしまっている。

2009年7月20日(月)
自転車を買ってもらった。十年ぐらい自分の自転車を持っていなかったので嬉しくて明大前まで走る。30分弱で着いた。仕事はたいしてはかどらなかったが帰りは25分で着いた。すごい。それだけで達成感。

2009年7月21日(月)
大阪ライブ。久しぶりのワンマンで戸惑ったしミスも多かったがなんとかやれた。色んな意味で原点回帰というか勢い重視というか。終演後、ザ・たこさんとJAPAN-狂撃-SPECIALの各メンバーがやって来て俺の楽屋が放課後の部室みたいになった。

2009年7月22日(月)
大阪から戻りカムイの完成披露。松山ケンイチくんは本当に好青年だった。実にいい。訛っているのがまたいい。

2009年7月23日(木)
印獣。ちょっと光が射した。

2009年7月24日(金)
ギターを買ってしまった。しかもまたSG。4本目だ。アームがついててチューニングが狂わないやつが欲しいと、ローディのニエくんに話したら見つけて来やがった。恵比寿にあるサイケデリズムという楽器屋さんのハンドメイド。つまりこの世に1本しかない、はずだ。いや、店頭に2本あったな。悩みに悩んで買った。リハに持って行って自慢するも食いつきが悪い。なかなか太い音がするしビジュアルも良いのに。

2009年7月25日(土)
広島入り。リハをやりたいと言ったら市内から車で20分も離れた場所にしかリハスタが無いと言われる。2時間リハ。ホテルに戻って原稿チェックを終え飲んでるメンバーと合流。なぜか麻雀。阿部くん独り勝ち。三宅さん一喜一憂。

2009年7月26日(日)
セットストック。着いた時から小雨が降っていたがチャットモンチーあたりから本格的に降り出し9mmの頃にはドシャ降り。こんな状態では笑いは取れないと勢いで押し切る構成にチェンジして正解。なんとか盛り上がってる形には持ち込めたと思う。新しいギターはチューニングが心配なので使わず。KEN YOKOYAMAや10FEETを見て会場をあとにする。そう言えばイベント誌の対談でビートクルセイダースのヒダカ氏と喋った。20歳の頃に出会っていた事が判明してなんか嬉しかった。

2009年7月27日(月)
ワンマン用のリハ。アレンジや曲構成で煮詰まる。帰って娘と花火やったりピーターパンのすごろくをやったりして寝たのを見計らってあべ一座のオフラインチェック。

2009年7月28日(火)
こち亀。伊武雅刀さんと久しぶりに会った。渋谷に出て『桜姫』歌舞伎版を観劇。やっと現代版の脚色が素晴らしいと理解できた。そして七之助くんはますます良い役者になっていた。

2009年7月29日(水)~31日(金)
印獣。徹底的に印獣。殺気立った精神状態で浴衣姿のカップルを見ると非常に腹が立ちます。女はまだ良い。男も着てると浮かれて見える。

2009年8月1日(土)
魂リハ。RCサクセションの初期未発表音源が収録されたCDが付録でついた『ロック画報』をついに手に入れる。CDを聴き記事を読んでいたらグループ魂とRCの意外な共通点に気がついたぞ!それは「三人で結成して途中でバンドになった」という点。30秒ぐらいテンション上がった。しかもだ、初期RCが定期的に出ていた渋谷ジァンジァンと初期魂が出ていた公園通り劇場は歩いて1分の距離だ。どうでもいいな。うん。どうでもいいぞ。

2009年8月2日(日)
ロックインジャパン。4曲目あたりでボーカルが聞きづらくなって6曲目で完全に聞こえなくなった。どうやらハウリングがひどくてステージ上のモニターから音が出せなかったらしい。つまりお客さんには聞こえていたのだ。ステージ上はほとんどインスト状態。それでも歌った破壊さんは凄いと思った。そしてボーカルが出てないのにノリノリでドラム叩いていた石鹸も大したもんだ。とりあえず大入りで良かったです。次はワンマンだ。

2009年8月3日(月)
印獣。夜は恒例の盆踊り。今年は『地デジ音頭』という曲がキラーチューンだったようだ。

2009年8月4日(火)
リハ。魂のリハを18時頃までやって、そのあとライムサワーのリハ。しんどい。もう気力とか集中力とかじゃどうにもならないレベルの疲れだ。三宅さんを車に乗せて帰っていたら「ラーメン食べない?」と言われ明大前のつけ麺屋へ。ここでちょっと面白いエピソードがあったのだがそれはまたの機会に。

2009年8月5日(水)
ワンマン。新しいギターをメインで使ったがやはりチューニングが狂いがちだったので後半はギブソンに変更した。豪華ゲストの貫禄に負けないように頑張った。あの忙しい曲の中できっちりショールを回していた杏子さん。男の色気を凝縮したような剣さんのボーカル。そしてサックスよりスリッパ投げてる時の方が楽しそうだった中西圭一さん。勝手にトランス状態の宮崎くん。それからお客さん。本当にありがとうございました。来年は15周年ですが何も決まってません。

2009年8月6日(木)
印獣。やっと折り返し。

2009年8月7日(金)
打ち合わせ×2のあと印獣。ここ数日、世の中が騒がしくて集中できない。お盆前だと言うのに。

2009年8月8日(土)
印獣。夜は家にお客さんが大勢来て賑やかになった。

2009年8月9日(日)
打ち合わせ→印獣

2009年8月10日(月)
こち亀最終日。結局クランクインが6月末なので1ヶ月半くらいかかった。間に魂のツアーとあべ一座がまるまる入っているため途中何度もキャラクターを見失いかけたが「眠い」という一点で押し切った気がする。いやー実に楽しい現場だった。感謝です。

2009年8月11日(火)
サッちゃん稽古→唐突に映画の本打ち&直し。そのまま三時まで作業したが終わらず。

2009年8月12日(水)
稽古→本直し。新しいギターを買ったのに弾いてないのが悲しい。

2009年8月13日(木)
稽古。夜、娘を連れて銭湯に入ろうと思ったら定休日。別の銭湯へ行ったら潰れてた。銭湯を探して街をウロウロ。やっと見つけた銭湯に入るが、温度が高過ぎて娘は湯船につかれない。おまけに家のカギを無くして右往左往。結局出て来たけど、なんだか散々な夜だった。

2009年8月14日(金)~17日(月)
稽古。印獣。ここ数日たぶんそんな感じす。こち亀を見て娘が号泣したらしい。

2009年8月18日(火)
FM番組のインタビュー→印獣。

2009年8月19日(水)
印獣の合間に『色即ぜねれいしょん』をやっと観た。いきなり俺が出てきます。そして映画はもうねえ、俺のための俺だけのための俺がちょっと出てる映画と言い切ってしまいたいほど素晴らしく何度も泣きそうになった。もちろん監督は俺のために撮ったわけではないし、主人公は少年時代のみうらじゅんさんなのですが、男子校で、限りなく文科系で、もちろん童貞で、ヤンキーにビビりまくり、文化祭で巻き返しを計るという、やっぱ俺の映画じゃないかと思う。

2009年8月20日(木)
三茶の稽古場まで自転車で行ってみる。死ぬかと思った。帰りは明大前でへこたれた。

2009年8月21日(金)
首が痛い。めっぽう痛い。下北で打ち合わせ。

2009年8月22日(土)
稽古。印獣。そして職務質問。少年メリケンサックのヒット祝いで作ったメリケンサック型のキーホルダーが原因。「これメリケンサックですか?」「はいメリケンサックのメリケンサックです」と良く分からないやりとりをしてしまった。しかしこういう地道な活動であんな人やこんな人を捕まえたのだから協力していこうと思う。

2009年8月23日(日)
稽古休みなので印獣。終わりそう。終わらないか。終わらなかった。

2009年8月24日(月)
稽古。印獣終わった。朝6時だった。これから頭に戻って直す事になるのですが、直したところで問題作である事は間違いなさそうです。

2009年8月25日(火)
いきなり稽古休み。新宿で『ウルトラミラクルラブストーリー』を見る。松山ケンイチくんの訛りを最大限に活かした演技がよかった。演技っていうか存在の仕方が。映画自体もとても面白かった。ものすごく眠くてダルかったが印獣脱稿を記念して娘と銭湯に入った。

2009年8月26日(水)
朝からものすごい頭痛。風邪か?インフルエンザか?かかりつけの病院が休診日で他の病院に行ったが風邪と言われ、それでも不安で大きい病院でインフルエンザの検査をしたら陰性で、なおも頭痛がおさまらず整骨院に行く。肩と首の筋肉をほぐしたら少し良くなった。印獣疲れ?

2009年8月27日(木)
稽古。病み上がり。夜DVDで『ナイトオンリビングデッド』を久しぶりに見る。モノクロですごくシンプルでなおかつ怖い。

2009年8月28日(金)
稽古。帰宅してサンマを食べる。

2009年8月29日(土)
『牡丹燈籠』を観る。面白かった。瑛太くんは声がきれいでよく通るなあと思った。嗄れないんだろうな。夜は小松さんに誘われて高円寺の阿波踊りを見に行く。ものすごい人。娘はちょっとした盆踊り程度に考えていたようで次々にやってくる阿波踊りの集団のあまりのテンションの高さにドン引き。でもだんだん慣れて来て「あの人おもしろい」とか言い出す。帰り際に「来年も来ようねー」と言っていました。

2009年8月30日(日)
稽古。

2009年8月31日(月)
朝から印獣の台本読み合わせ&制作発表。うん。これはやっぱり問題作だ。三田さんが本当に素晴らしかった。どんな顔して読んでるのかな?と見てみたら真顔だった。そのあとサッちゃん稽古。夜はあべ一座の飲み会。同じ苗字だけに集まりが良い。あべじゃないので一次会で帰宅。

2009年9月1日(火)
整骨院→稽古。しんどい。

2009年9月2日(水)
稽古→印獣打ち合わせ。美術のプランがもう進んでいる。幾つか直しが出る。

2009年9月3日(木)
整骨院。印獣の直し。結局終わらず。今年もサンマの季節です。大量のサンマが届きました。ごちそうさまです。

2009年9月4日(金)
インタビュー→稽古。印獣直し。終わらない。やばい。終わらない。

2009年9月5日(土)
稽古。印獣直し。終わった。

2009年9月63日(日)
なんとなく気まぐれで三茶まで自転車で行く。前回は50分かかったが今日は45分だった。早く着いたので喫茶店でお茶して稽古。帰りは浜田山でへこたれて高井戸のデニーズで文春の原稿を書きながらカキフライを食べました。サンマの次はカキフライですね。

2009年9月7日(月)
稽古後、役作りのために髪を染めに行く。金髪。大丈夫か俺の毛根。

2009年9月8日(火)
衣装合わせ。稽古が早く終わったので次の作品にとりかかる。詳細はまだ発表できない、というか発表する頃には書きあがってなきゃいけない?とりあえずKBKと表記します。

2009年9月9日(水)
稽古休み。KBKの台本を進める。どうでもいいが、娘が幼稚園で俺の金髪について「お父さん、ペンキで頭を黄色に塗ったの。だから帽子で隠しているの」と言ってるらしい。「染める」という概念はまだ理解できないのでしょうがないか。

2009年9月10日(木)
稽古。終わってタクシーでCCレモンホールへ。ZAZENBOYSと立川志らく師匠の対バン?アンコールしか見れなかった。でもそのアンコールが最高に面白かった。

2009年9月11日(金)
印獣稽古初日。再び読み合わせ。直しても直しても問題作である。もはや河原さんは笑ってない。こりゃ大変だ。そのあとサッちゃん稽古。そういえば今朝、娘が二つ折りにした紙を持って来て「これ少路に渡して」と言った。手紙らしい。とりあえず少路勇介に会う予定はないので開いて読もうとしたらシールでガチガチに封がしてあった。何が書いてあるんだろう。気になる。娘はまだ4歳なので文字は書けない。すごく気になる。

2009年9月12日(土)
稽古。早めに終わったのでマンガ喫茶に籠るがあまり書けず。帰宅すると異様なテンションの娘が深夜なのに起きていた。お祭りで金魚を二匹すくったそうだ。

2009年9月13日(日)
金魚二匹のうちの一匹が死んだ。俺の目の前で。軽くパニックに陥る。なんとなく娘に死体を見せちゃいけない気がして、かと言って埋めるのも面倒で、生ゴミ処理機に入れてしまった。ものすごく後悔。残酷なことをしてしまった。そして稽古へ。

2009年9月14日(月)
稽古。帰ったら娘が高熱出していた。でもテンションは高い。伝染されるぞこれは。

2009年9月15日(火)
娘の熱が下がらず、テンションも下がらず。そしてもう一匹の金魚も死んでしまった。今度はちゃんと埋めて娘と合掌。今日もKBKの台本だ。

2009年9月16日(水)
劇場入り。場当たり。ゲラチェック。落ち着かない。そういえば朝、娘に「グループ魂で誰が好き?」と聞いてみた。「お父さん大好き、少路ちょっと好き、あとは普通」と答えた。やっぱり少路が好きなのか。うーん。1年くらい前は銀杏BOYZの安孫子くんが好きだった。下手側にいるやつが好きなのか?だったら村杉さんだろう。

2009年9月17日(木)
ゲネプロ。少路が来てたが娘からの手紙は渡さなかった。下北で久々に向井さんと会う。志らく師匠は「らくだ」をやったそうですね。見たかった。

2009年9月18日(金)
初日。出番がド頭から真ん中ぐらいまで無いので落ち着かない。今回はいかに脈略なくテンションを上げ下げするかが自分の中のテーマです。とりあえず、いつでも腹から声が出るように腹筋に力を入れているが、今日は大声を出さなかった。

2009年9月19日(土)
2ステ。2日目なのに早くもしんどい。

2009年9月20日(日)
昼のみ。誘惑に負けエンケンさんの40周年のライブに駆けつける。弾き語り、ZAZEN、頭脳警察、エンケンバンド。新譜がすごく良かったのでライブも楽しめた。ZAZENの曲間のブレイクは芸の域に達していた。頭脳警察は三人編成、渋い選曲で良かった。しかし40年て。気が遠くなる。

2009年9月21日(火)
娘と井の頭動物園へ。連休中でしかも象のはな子が62才の誕生日だそうで激コミだった。午後から執筆。

2009年9月22日(火)
昼は執筆。夜は本番。そして執筆。

2009年9月23日(水)
昼夜2回。さすがに疲れが出て来た。田園都市線で乗り過ごすことが多い。しかも桜新町。二駅だ。とりあえず煮詰まりそうな夜は早めに切り上げて寝た方が良さそうだ。

2009年9月24日(木)
『なくもんか』の取材。書いたの去年の夏なのに記憶が曖昧で自分で笑ってしまう。本番。夜は印獣のパンフ対談。稽古の状況を聞く。河原さんひとつよろしく。

2009年9月25日(金)
疲れが…。パソコンの前に座るだけで軽く滅入る。本番やってる時はなんかパーっとした気分になる。夜、自分に喝を入れつつパソコンを開くが眠くてさほど進まず。思うに芝居の本番終了後に執筆するというのは、セックスの後にオナニーをするようなものなのでは?と今日思った。したことないから分かんないけど。とりあえず休んだ方がよさそうだ。

2009年9月26日(土)
2ステ。疲れた。でもまだ東京公演の半分もいってない。

2009年9月27日(日)~28日(月)
昼のみ。今日から明日にかけて追い込みです。

2009年9月29日(火)
上がってなきゃいけないKBKの台本があと一歩というところで劇場入り時間に。おしい。

2009年9月30日(水)
2ステ。印獣が稽古休みだったようで、昼は河原さん、夜は成志さん古田さん上地さんが来て状況を聞く。大変そうだ。そう言えば松尾さんがブログの本『俺はモテても困らない』に毎日サインしているのを横目で、というか物欲しげな目で見てたらくれた。著者の前で読むのは気が引けるし巻末に料理のレシピや対談が入っていて楽しそうなので家に持って帰って読むことにした。料理ができるってうらやましい。そう言えば松尾さんに「宮藤まだブログやってんでしょ」と言われた。俺は日記のつもりでも公開してる時点でブログなのかもしれないな。ただ、松尾さんのように読物として充分面白いブログもあるから、恐れ多くてブログとは言えない。やっぱりこれは日記です。

2009年10月1日(木)
『なくもんか』の記者会見と取材。瑛太くんはとてもまっすぐな青年だと思った。あのくらいの年齢の役者さんはみんなまっすぐなのかな、と思ったが塚本くんはそれほどまっすぐじゃなかったので個人差があるのでしょうね。あと瑛太くんの雰囲気というか空気感がどことなく阿部くんに似ているような気がした。だとしたら決してまっすぐではない。映画の方はとにかく役者が皆さんすばらしくて言うことなしです。阿部くんも『舞妓~』とはぜんぜん違う面を見せていたし竹内結子さんの思い切りの良さも新鮮だった。あとやたら映り込んでる皆川くんも。

2009年10月2日(金)
KBKを力技で書き上げる。楽屋で。ほんとに力つきて動けなくなった。直しは明日にしよう。昼過ぎ、なにも食ってなかったので渋谷のカフェでチキンライスを注文したら蒸し鶏と丸く盛られたタイ米が出て来た。チキンライスだけどよう…。

2009年10月3日(土)
朝から娘の運動会だったのだが雨で午後に延期。行けないじゃん。でもって2ステ。帰って運動会の話を聞こうと思ってたら高熱出して寝てた。なんだよお。

2009年10月4日(日)
熱は下がったようだ。今日は昼のみ。こないだ某雑誌の対談で瑛太くんが薦めていた映画をDVDで見る。おお。他人が良いと言う映画を素直に受け入れられない俺だけどこれは素晴らしい。

2009年10月5日(月)
休演日。雨でどこへも行けないので『印獣』の稽古を見に行く。やっぱり河原さんの演出は鋭角的だなと感じた。初日まで一週間か。まだまだ面白くなりそうだと思った。がぜん楽しみです。

2009年10月6日(火)
KBKのスタッフ顔合わせ&打ち合わせ。なんか動き出した。なんとなく弥次喜多を思い出す。夜は本番。

2009年10月7日(水)
2ステ。そのあと週刊文春の方々とお酒を飲みました。酔っ払いました。

2009年10月8日(木)
蜉蝣峠のDVD用の対談。ザッとだが改めて観て、ああ、意外と考えて書いてたんだなと感心した。書いたの一年前ですけどね。本番。ありえないミスをした。夜はライムサワーのリハ。ライブは27日です。

2009年10月9日(金)
娘の遠足に参加した。昭和記念公園。いやあ面白かった。よそのお母さんの子供と接する姿を見て勉強にもなった。夜公演。実は数日前から胸部が痛苦しい。ひょっとして肋にヒビ?ニンゲン御破産の稽古中に肋にヒビ入った時と痛みが酷似している。いかんせん心当たりが無いけど病院行ってみよう。

2009年10月10日(土)
レントゲンには映ってなかったが触診によりやはり肋にヒビじゃないかと言われる。落ちるなあ。なにが落ちるって治りが遅いんだよなあ。と言いつつ2ステ。

2009年10月11日(日)
東京楽日。昼で終わって『印獣』のゲネプロを見に行こうと思えば行けたけど疲れたし、奥さんが振付で入っているため娘の面倒を見ている事になり三茶の釣り堀へ。いきなり娘が大きい鯉を釣ってしまい動揺する。「持って帰る」と言って聞かないので水槽を購入し金魚4匹と鯉1匹を飼う事にする。

2009年10月12日(月)
『きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)』のサイン会。150人も集まった。『印獣』のプレビュー。面白かった。危うい部分や伝わってない部分が幾つかあったがそれは今後の課題という事で、軽く飲みに行く。

2009年10月13日(火)
砂利やら水槽掃除する器具やらを奥さんが買って来たので歌舞伎打ち合わせ。あ、もう面倒なので以降「歌舞伎」で。美術と音楽。知らない単語がバンバン飛び交い、いちいち教わりながら前へ進む。「印獣」初日。昨日伝わってなかったところがきちんと伝わっていた。反面、昨日良かったところが幾つか流れていた。うーん。自分が出てないと細かいとこばかり気になるな。帰ったら金魚が一匹死んでいた。うーん。鯉が襲ったのか?とりあえず鯉は大きくなるし、公園の池にでも放そうと考えバケツに移して風呂場に置いておく。

2009年10月14日(水)
風呂場で鯉の死体発見。飛び出ちゃったみたいです。蓋しておけばよかった。埋葬は奥さんに任せて大阪へ向かう。移動中もう一匹死んだという報告を受ける。うーん。金魚飼うのって難しいな。楽屋で星野くんが持って来たWiiをやる。本番。実は10日ほど前に肋骨を痛めていたのだが、そのせいで思うように声が出ずイライラする。喉も痛い。もつかな。

2009年10月15日(木)
歌舞伎直し。本番はさんでまた直し。

2009年10月16日(金)
本番ギリギリまで直し。終演後はお鍋を食べました。

2009年10月17日(土)
梅田の楽器屋へ。楽屋用のミニギターが欲しくて三軒ほど見て回る。象さんじゃないヤツがなかなか見つからず、やっと見つけたやつが富澤さんが持ってるのと同じだった。悔しいけど買ってしまった。真似した訳じゃないよ。2ステ。

2009年10月18日(日)
2ステ。しんどいぜ。夜は解放的になったのか、いつになくはしゃいでしまった。自己嫌悪。

2009年10月19日(月)
「レスター」という映画を見る。予備知識ゼロで。ポスターからして「アメリ」的なファンタジーなコメディを期待してたら見事に裏切られた。ホラーでした。いやーーーー怖かった。でも面白かった。プロデューサーがディカプリオだった。

2009年10月20日(火)
2ステ。昼夜の間に歌舞伎のスタッフがわざわざ来てくれて打ち合わせ。夜はもつ鍋を食いました。

2009年10月21日(水)
みんなは九州へ。俺は帰京。娘とスーパー銭湯へ。フィッシュ浴という、魚が足の角質を食べてくれるヤツが面白かった。そのまま近くの公園で遊び夜ははなまるうどんでご飯を食べてツタヤで『ティンカーベル』と『カーズ』を借りて来るが疲れて途中で俺が寝てしまった。

2009年10月22日(木)
国立劇場で『京乱噂鈎爪』を見た。度肝抜かれるシーンが幾つもあって面白かった。そのまま打ち合わせ。くたびれた。なんか動き出した。深夜、北九州入り。小倉はなんだか黒い街だ。

2009年10月23日(金)
北九州初日。飲みに行きたいが体調がすぐれず、うどん食って寝る。

2009年10月24日(土)
そして2ステ。体調は持ち直したが喉の調子が…。皆川氏と軽くご飯食べて帰って眠るが2、3時間で目が覚めて仕事をすこしやる。

2009年10月25日(日)
千秋楽。終わってすぐ『こち亀』以来伸ばしていた髭を剃った。顔がのっぺりして見える。見慣れるまで時間かかりそうだなあ。打ち上げ、途中から気分が悪くて煙草をやめてみる。このまま禁煙できるかな。

2009年10月26日(月)
帰京。禁煙は出来なかったが、今日一日で6本しか吸ってない。ライムサワーのリハ。

2009年10月27日(火)
禁煙は失敗。でも一箱しか吸ってない。ライムサワー。30分はキツいと言いながら40分やってしまった。ラストオーダーズは、パンクって本来こうなんじゃないか?というのを垣間見る瞬間が何度もあって良かった。

2009年10月28日(水)
怒髪天のライブで1曲だけギターを弾く。しかもJAPAN-狂撃-SPECIALと。そのリハ。狂撃は本当に素晴らしいバンドだと再認識。そのまま勘太郎くんの結婚式に。歌舞伎界は底知れない世界だなと再認識。

2009年10月29日(木)
二日酔いで、ついに娘の送りを奥さんに任せる。本当に申し訳ない。昼から歌舞伎の美術打ち合わせ。AXに移動して怒髪天のライブ。一曲目だったのでかなりテンパる。自分はともかく、すごく良いイベントでした。ゲストも豪華。怒髪天も素晴らしいバンドだと再認識。歌舞伎の音楽録り。向井さんは今回もすごい曲を作った。まだ何も始まってないけど、向井さんの曲が歌舞伎座で聴けるというだけで価値があると思う。

2009年10月30日(金)
日芸で講演会。たかのてるこさんと一緒にダラダラ喋った。学生さんが聞いてためになるような話が出来たのだろうか。帰りに記念品を貰ったのだが『祝・卒業』と書かれていた。卒業ってことでいいんだろうか。夜は魂の打ち合わせ→サケロックオールスターズを見に恵比寿へ。なんかライブが続くなあ。芝居ばっかやってたからかな。

2009年10月31日(土)
久しぶりの、ひょっとしたら今年最後の休日。やっぱり娘とボート。そのあとバウスシアターで『アンヴィル』を観る。思ってた通りの快作。これはリアル『少年メリケンサック』というより、リアル『スパイナルタップ』ですね。不器用過ぎて泣き笑い。帰って文春。

2009年11月1日(日)
あれ?今日も休みじゃん。てことで豊島園へ。幼児用ジェットコースターに3回乗りました。で、この日記も三年目に突入です。

2009年11月2日(月)
歌舞伎の打ち合わせ。やっと台本が製本された。夜はR2C2の出演者が集まって映像見ながら座談会。未來くんが「悔しい、もう一度やり直したい」と言っていましたが賛同せず。だって大変だもの。やるなら新作でやりましょう。

2009年11月3日(火)
印獣。すごく完成されていて驚いた。特に二幕は圧巻。すげえな。打ち上げには出ず帰って歌舞伎の勉強…の予定でしたが、渋谷で黒猫チェルシーがライブやってると聴き寄り道。これまた圧巻。で、歌舞伎の勉強。煮詰まって『映画は映画だ』をDVDで見る。韓国映画は人材の宝庫だなと感じた。特にストーリーを作り出す才能がすごいと思う。

2009年11月4日(水)
打ち合わせ→取材×2→5LDK収録。最近ハマってるものは?といろんな取材で聞かれます。毎回テキトーに答えてますが本当のことを言うと、テレビ東京で深夜にやってる『おねだりマスカット』にハマってます。最近どころか約一年前、まだ『おねがいマスカット』だった頃からハマっています。なん10代の『夕焼けニャンニャン』を見てた頃の気持ちを思い出します。そろそろ飽きると思ってたのですが一向に飽きない自分にびっくりです。助けて下さい。そしてもうひとつ、桃屋のラー油にもずっっぽりハマっています。怒髪天がCMやってるやつ。なんだあれ!何にかけても美味しいぞ。白いご飯はもちろん、チャーハン、ラーメン、ポテトサラダ、ソーメンのつゆに入れても美味しい。さすがにナシだろうとパンに塗ってみたら全然アリ。買いだめしちゃいました。助けてください。

2009年11月5日(木)
歌舞伎の勉強。夜は吉祥寺弁天湯に『風呂ロック』を見に行く。向井秀徳アコースティック&エレクトリック。思いのほかナンバーガール時代の曲が多く懐かしく聴いた。やはり浴室の反響(ナチュラルリバーブ)が素晴らしい。帰って再び歌舞伎の勉強。

2009年11月6日(金)
一人じゃ心細いので演出助手の大堀くんと二人で歌舞伎の勉強。夜は世田谷パブリックシアターに『バンテラスと憂鬱なコーヒー』を観に行く。あのキャストで、あの劇場で、くだらない事をやりきったダブルUに 拍手。帰って歌舞伎の勉強。いよいよ明日から稽古だ。正直逃げたい。

2009年11月7日(土)
午後2時に稽古場入り、4時から読み合わせ。皆さん昼公演を終えて歌舞伎座やら演舞場やら国立から駆けつけてくださる。それだけで普通に頭が下がる。ゲラゲラ笑いながらの本読み。面白いけどこれが本当に歌舞伎 になるのだろうか。

2009年11月8日(日)
立ち稽古。やばい。七之助くんも染五郎さんも亀蔵さんもすでに台本持たずにやってる。勘太郎くんは新婚なのに力いっぱい下ネタを叫ぶ。それを見て父親がゲラゲラ笑ってる。変だ。いろいろ変だぞ、この稽古場。

2009年11月9日(月)
フレンドパーク収録→稽古。役者同士の「あうん」の呼吸で、どんどん芝居が出来あがって行く。怖い。本番やりながらの稽古とは思えない濃密な時間。歌舞伎界は演劇モンスターの巣窟なのか。さっきまで壁に貼りついたりダーツ投げたりして遊んでた俺が一番疲れてる。

2009年11月10日(火)
ドラマの衣装合わせ→稽古。3日目だが10日ぐらいやった気がする。終わるとグッタリして思考停止状態に陥ってしまう。

2009年11月11日(水)
打ち合わせ→稽古。今日は出番が無いはずの勘三郎さんが俺の後ろでゲラゲラ笑っている。どんどん場面が進んでしまい、結局勘三郎さんのシーンも稽古することになる。9時過ぎに、歌舞伎座から福助さんが駆けつけてくれて衣装打ち合わせ&稽古。ヤバい。追いつけない。

2009年11月12日(木)
振付け。そのあと衣装の打ち合わせ。で、ニュースZERO。フレンドパークは録画で見る。

2009年11月13日(金)
髪の色をやっと戻す。完全には戻らなかった。稽古。

2009年11月14日(土)
『なくもんか』初日舞台挨拶。とりあえず満員で良かったです。で、稽古。三津五郎さん、橋之助さん、福助さんも加わり、かなりお腹いっぱいな一日。

2009年11月15日(日)
奥さんが歌舞伎の振付けを考えている間、娘と知人の結婚パーティーに参加。いろいろ面白かった。そのまま稽古へ。

2009年11月16日(月)
振付け→稽古。

2009年11月17日(火)
クライマックスの動きを固める。うーん。怪我人が出なければ良いがと思った矢先に負傷者が。冷や汗が出る。

2009年11月18日(水)
昼間、久しぶりに時間が空いたので『スペル』を観る。うーん。確かに驚愕のラスト60秒でした。夕方からなんと通し稽古。心配された尺の問題は何とかクリアできそうです。焼肉屋でスタッフと反省会。

2009年11月19日(木)
やっと来た稽古休み。なん~もしなかった。

2009年11月20日(金)
朝5時に起きて撮影。10時半に終わり帰って仮眠。稽古場へ。今日から鼠小僧と並行しての稽古。向こうは再演なのでさらに出来るのが早い。勘三郎さんのセリフ量の多さにビビる。

2009年11月21日(土)
稽古が夜8時からなので昼は娘と公園へ。夕方、暇を持て余す。そして渋滞に巻き込まれ20時ジャストに、野田さんと入れ違いに稽古場へ入り、そのまま通し稽古。クライマックスのシーン、出てないはずの勘三郎さんが出てる。「俺もゾンビだから居てもいいかと思って」はい。居てもいいです。

2009年11月22日(日)
稽古。その後劇中歌の録音。再び向井さんに歌入れをお願いする。邦楽器のロックアレンジになかなか煮詰まって、なんだかんだで2時過ぎまでかかる。みなさん付き合って頂いて本当に申し訳ない。

2009年11月23日(月)
稽古休み。タランティーノの『イングロリアス・バスターズ』を観る。ブラピ主役じゃなかったけど面白かった。家に帰って仕事。夜中は岡本喜八の『殺人狂時代』。最近なんだか映画が観たくてたまらない。早く次を撮りたいという意識の現れでしょうか。

2009年11月24日(火)
公開稽古。で記者発表。海老蔵さん婚約したんですね。野田さんの稽古を覗き見する。演出家としての手腕というか、違いをまざまざと見せつけられました。ヘコむので早々に退散。俺はどうやら明日も休みらしい。いいのか?帰って岡本喜八『斬る』を見る。

2009年11月25日(水)
暇を持て余し来年の夢を見る。午後は事務所で打ち合わせ。その後マイケルジャクソンの映画が観たくて新宿へ。しかし入れず、なんかわりとどーでもいい映画を観てしまう。どーでも良かったなあ。帰宅して歌舞伎のことを考えつつ岡本喜八『江分利満氏の優雅な生活』を観る。連日なぜか岡本喜八ナイトだ。

2009年11月26日(木)
稽古場で衣装合わせ、それから通し。なんとまた怪我人が出る。これで二人目。こういう時の無念さは痛いほど分かるだけにどう言葉をかけて良いかわからない。二人とも熱心に稽古していた役者さんなので松葉杖のゾンビでも良いので出て欲しいのだが…。

2009年11月27日(金)
稽古終わって明かり合わせ。終わったのが朝方5時。急遽ホテルを取っても らいました。あ、昨日から獅童さんが稽古に参加したのですが、やっぱ面白いわ!

2009年11月28日(土)
11時から最後の通し。尺が4分縮んだ。とりあえずやれる事はやった。つーか眠いよ。

2009年11月29日(日)
場当たり。歌舞伎座という劇場の特性をイヤというほど知らされる。明かりが思うように当たらずイライラする。つーか今日、結婚記念日じゃねえ?

2009年11月30日(月)
場当たりの続き。とりあえずラストまで行った。俳優の皆さんに勇気づけられる。客席をゾンビのようにうろうろしてたら「落ち着いて」と声をかけられる。

2009年12月1日(火)
ゲネ。やばい。1時間50分だ。今さら10分は切れない。でも終わった時点で11時過ぎてたので初日はこのまま行くことに。

2009年12月2日(水)
初日。落ち着かない。何時に入っていいか分からず10時前に楽屋に入った。操り三番叟、野崎村、身替座禅。どれも素晴らしくて胃が痛くなる。つーかこの三演目いつ稽古したんだろう。恐ろしい。あと、さよなら興行だけあって客層がいつになくシルバーで、また胃痛。幕間いちいち楽屋に行き、あれこれ確認。で、開幕。いろいろあったがとりあえず無事幕が開いた。嬉しい。置いていかれてる人がいた感は否めないが。少しでも親切にしようといろいろ修正点を考える。ちなみに上演時間は1時間44分。あと4分かあ。鼠小僧を観る。これまた素晴らしい。終演後、出演者と野田さんと飲みに行った。初日の心労からか泥酔。途中からビールのつもりで白ワインを飲んでいたのに自分で気づかないほど泥酔。どうやって帰ったか全く覚えてない。

2009年12月3日(木)
1時間40分になった!内容的にも昨日よりぜんぜん勢いがあって、お客さんにも伝わっていた気がする。まだ置いて行かれている人はいたけど。でも、いのうえひでのり氏が観に来て「ちゃんと歌舞伎になってたよ」と言ってもらえたのが何より嬉しい。ですよね?役者の皆さんもみな素晴らしかった。特に今日はゾンビチームが良かった。人間も良かったけど。ゾンビを演じるのはなかなか難しい。テンポを上げるとゾンビじゃなくなってしまう。「あ~~」といううめき声のボリュームも各々が調節しないと大事なセリフが聞こえなくなる。そのへんゾンビマニアの亀蔵さんは素晴らしい。全ての動きと声に自分(ゾンビ)なりの理由があるのだ。うん。もっともっと良くなるはずだ。演出助手の大堀くんが今日で終わりということでナイルのカレーを食べる。大堀くん には今回も介護してもらった。

2009年12月4日(金)
毎日会っている人が揃ってマクドナルドのCMに出ていて変な感じだ。三日目。 昨日よりさらに1分縮んだ。テンポが上がると良くなる芝居なんだなあ。本番中なのに夜が空いているというのは何か変な感じだ。そろそろ次の芝居にとりかかろうかな。

2009年12月5日(土)
今日はカツラが飛んだり色々あったけど芝居自体は良かった。荒々しくて。気分いいので映画を観る。『母なる証明』。やっぱ韓国映画は凄いよ。

2009年12月6日(日)
Wの悲劇のロケ。映画版と違って「私、おじいさまを殺してしまった!」の方がメインの話なんですね。菅野美穂さんと初お芝居。とてもやりやすかったです。

2009年12月7日(月)
歌舞伎。一日空けたら2分も縮んでました。明日から3日観れないので、楽屋を回っていろいろ修正する。

2009年12月8日(水)
朝から細川くんと『シロウト名鑑』ロケ。街で知らない人に声をかけるのってなかなか勇気がいるもんだな。何げなく見ているロケ番組はこういう小さな勇気の集合体なんだな。ちい散歩とか。ゲストの鈴木蘭々さんにずいぶん助けられる。

2009年12月9日(水)
魂の打ち合わせ。15周年をどのように盛り上げていくかを話し合う。下北へ移動して三宅さん荒川くんの出ている芝居を観に行く。ARATAくんが腹から声を出していて驚いた。

2009年12月10日(木)
年末に向けてバンドの練習を開始。飛び飛びの活動にも馴れたのか割とすぐ勘を取り戻した。夕方に終わり家の近くで『カールじいさんの空飛ぶ家』を娘と観る。ああ、こういう話だったのか。なかなか面白かった。

2009年12月11日(金)
3日ぶりの歌舞伎座。タイトでスピード感あふれる舞台になっていた。終演後、勘三郎さんと対談して染五郎さんに関する取材を受けて帰る。今日は奥さんが『印獣』の九州公演に行って不在なので娘と銭湯に行く。

2009年12月12日(土)
娘と九州入り。空港で娘を奥さんに預け飯塚嘉穂劇場へ。すごい劇場だ。 楽屋で旅の面白エピソードをひとしきり聞いて本番はマス席で河原さんと並んで観劇。近い。役者の表情がハッキリ見える。1ヶ月ぶりに観る印獣は別ものに生まれ変わっていた。終演後マイクロバスで博多へ行き水炊きを食う。いやあ、皆さん本っっっ当にお疲れさまでした。

2009年12月13日(日)
福岡から帰って来てカレー食って文春書いたら一日が終わった。

2009年12月14日(月)
2日ぶりの歌舞伎。さらにタイトになっている。作調の伝左衛門さん作曲の 向井さんにサントラを渡す。手書きのジャケット。終演後はテレビ東京の『ひきだし太郎』収録。有田&山崎のトークがハード過ぎて後半ただ笑っていた。水田監督と会う。興味深いお話と美味しいお寿司ごちそうさまでした。

2009年12月15日(火)
シロウト名鑑ロケ。「だいぶ度胸がすわって来ましたね」と言われた。

2009年12月16日(水)
歌舞伎。染五郎さんの声が復活していて驚いた。俺は休まないと戻らないのに染五郎さんは休んでないのに戻ってる。なにか秘訣があるのだろうか。

2009年12月17日(木)
魂のリハが急遽中止になったので年末のライブに向けて構成を練る。夜は勘三郎さんに誘って頂き初日以来のお酒。今日は間違えずにビールを飲みました。

2009年12月18日(金)
歌舞伎座へ。収録日。取材が2つ。夜は打ち上げ。まだ一週間あるけど。このひと月、歌舞伎について、というより演劇についていろいろと考えさせられました。途中で気づいたのだが、オレは自分が出演していない舞台を演出した事がないので、ひとつの芝居を客席から繰り返し繰り返し見た経験がない。だから日々いろんな発見がある。見れない日は不安で仕方がない。細かい修正を伝えに楽屋を走り回るのも楽しくなって来た。そして、なんだかんだ言って今まで随分お客さんに甘えていたんだなと思う。ウーマンリブにしろ他のプロデュース公演にしろ、やっぱりお客さんの大多数は俺の作風をある程度理解してくれている。理解者に見せる芝居を無意識に作っていたんだな~と思う。今回のようにある意味場違いな場所で、とてもニュートラルなお客さんに見てもらえたのは有意義なことだと思った。自分の癖とかテクニック不足とか、説明不足とか、もちろん悪くない部分も、核になっている部分も、少しだけ冷静に見れた気がした。あと人を楽しませる事の難しさと面白さを改めて感じた、とても素晴らしい12月でした。どっちにしろ残り一週間。最後まで悪あがきするのか。

2009年12月19日(土)
今日は古田さんや皆川くんが来ていた。ラサール石井さんにもお会いした。皆さん面白がってくれて何よりだ。

2009年12月20日(日)・21日(月)
ひたすら魂。年末の構成を文字にしつつリハーサル。明日のロフトの選曲は石鹸に任せてみる事にした。

2009年12月22日(火)
歌舞伎。はいりさん秋山さん池津さんマギーくんが観に来てくれた。あと蒼井優さんも。一旦帰宅してギターの弦を張り替えて新宿ロフトへ。良くも悪くも荒っぽいライブになってしまった。メリケンの美術をやってくれた小泉さんがDJをやるというので観たのだが選曲が渋過ぎて笑った。その流れで佐藤くんの勇姿を堪能して帰宅。

2009年12月23日(水)
「シロウト名鑑」のプレビュー。これは…何だかとても無防備ですごい番組だ。歌舞伎座へ。隣の席が空いていたので誰が来るんだろうと思ってたら菅野美穂さんだった。隣でゲラゲラ笑ってくれてとても良い気分になりました。文春の方々と食事。娘へのクリスマスプレゼントを頂く。明日のリハに向けて台本を書くつもりが勘三郎さんの本『さらば勘九郎』を読み始めてしまい止まらなくなった。あー。これ歌舞伎書く前に読まなくてよかった。

2009年12月24日(木)
魂のリハをやりつつ台本を書きつつ夕方になってクリスマスである事を思い出し娘を連れて夜の図書館へ。絵本を立て続けに読んであげて何となくお茶を濁した。明日もリハで歌舞伎が見れない。あと一回しか観れない。

2009年12月25日(金)
魂リハ。とりあえず今日が最後。夜は歌舞伎座へ。ゾンビの皆さんとお疲れの会。

2009年12月26日(土)
歌舞伎座千秋楽。中盤の『はけん節』で初めて客席から手拍子が起こった。なんだか受け入れられたような呑み込まれたような気がして感慨深かった。カーテンコールに出させて頂いた。舞台から見る満員の客席はまさに脅威だ。こんなところで毎月のようにお芝居してるんだこの人たちは。信じられない。染五郎さんが「これは歌舞伎です!」と宣言して拍手が起こった。それだけで充分だ。深夜までお疲れ会。皆さん明日から新春歌舞伎の稽古だそうです。信じられない。俺は明後日ライブです。良いお年を。

2009年12月27日(日)
まだ劇場で観てなかった『なくもんか』を家族で観る。やっぱ2回観ると色々気がつくもんだ。カウントダウンの台本で軽く煮詰まりながら夜中まで起きて3時間ほど寝て大阪へ。

2009年12月28日(月)
新幹線の中で買ったばかりの『THIS IS ENGLAND』を観る。これまた2回観て色々気づいた。ZEPP。向井さんとの仕事はいろいろやってますがZAZENBOYSとの対バンは5年ぶりなのです。サウンドチェックの時点で勉強になること多々ありました。本番は袖で観ました。選曲がちょっと珍しくて良かったなあ。魂は…練習した曲はそれなりに出来たと思う。アンコールはZAZENに破壊が加わるという新しい趣向。リハでは苦戦していた阿部さんも本番はきっちりやってくれました。カウントダウン盛り上がるかなあ。

2009年12月29日(火)
帰りの新幹線でビール飲んでしまったため今日は一日まったりしてしまった。夜は娘と沖縄料理店へ。歌詞を書いたり明日の構成を練り直したりDVD観たり。

2009年12月30日(水)
昼から演奏とコントを中心にリハ。そのまま会場へ。ZAZEN頭3曲観て取材や写真撮影などやって本番。すごい人だな。機材トラブルなどあったが何とか乗り切った。盛り上がったんじゃないでしょうか。時間オーバーで1曲削ったけど。松尾さん、荒川くん、少路も一応ありがとう。終演後は結局魂とZAZENの皆さんが最後まで残って大阪と同じだった。

2009年12月31日(木)
自宅奥の、物置と化していたスペースの掃除。CDをきっちりアルファベット順に棚に並べて本やDVDや資料を片付けたら8時半だった。今年もいろいろやった。達成できなかったのは禁煙だけだ。そして来年40だ!?