• information
  • profile
  • stage
  • special
  • goods
  • faq
  • company
  • links
  • links
  •  
  •  
  • links
  • links

宮藤官九郎の小部屋の中の引出しの三段目の日記帖

2011年

2011年1月1日(土)
9時まで寝た。お餅とおせち料理を食べながら姉が10大ニュースを発表。姪の就職、甥の進学、僕に関しては映画『ゲゲゲの女房』がチャートインしていた。神社に行って厄払い。その足で中学の同窓会に行く。80人くらい集まってた。人間って色んな年の取り方をするんだなと感じた。老いが貫禄に繋がってる人、そうでない人。全く変わらない人、激変した人。いやあ面白かった。今年取り壊されるという母校を全員で見に行く。2次会はカラオケ。絶妙なタイミングで帰ったら、娘がちょうど夕飯を食べていた。そのままドリームマッチを見ながらこたつで寝てしまう。実家ってなぜ眠くなるんだろう。

2011年1月2日(日)
午前5時、背中が痛くて目が醒める。ウトウトしながらこたつに移動。今か今かと朝食を待つ。宮藤家の1月2日の朝はとろろご飯。やたら美味い。娘は全く興味を示さず「ごましお!ごはんにごましお!」と叫んでいた。おばあちゃんとの別れを惜しみつつ10時の新幹線で帰京。12時半に東京着。年末に奥さんが作っておいたおせち料理を食べながら年賀状を読んで初詣して正月気分終了。明日からのリハに備えて構成やネタを考える。

2011年1月3日(月)
9時まで目が覚めなかった。リハの前に慌ただしく台本確認作業。気づいたらタバコを2本も吸っていた。機材を車に積む。14時から21時までリハーサル。寝る前に仕事しながらタバコを1本吸ってしまった。

2011年1月4日(火)
13時からリハーサル。『職務質問』のダンス確認。その後、楽曲やコントを順調にリハーサルしていたが、19時頃から喉に違和感。あれ?風邪かな?と思いつつ、ライブのネタがまだ完成してなかったのでファミレスで台本を書き12時頃帰宅。なんか嫌な予感。いやいやまさか。

2011年1月5日(水)
朝8時、体温が38.3。かかりつけの病院が休診日だったので近くの診療所へ。咳止めと抗生物質を出してもらう。昼過ぎに熱が37度台に落ち着いたのでリハーサルに向かうが、スタジオに到着した途端、悪寒と冷や汗が…。30分で帰宅。横になったりコラム書いたりしてたら熱は39度越え。うわー。明後日からツアーなのにぃ!

2011年1月6日(木)
薬のおかげで随分落ち着いた。薬の効果が切れても熱が上がらなければリハに行きます、とメールしたところ「今日はゆっくり休んで下さい」と返って来た。というわけで自宅謹慎。図らずもオフになったが子供と遊べなくてもどかしい。解熱剤は6時間以上間隔を空けて飲んで下さいと言われたが、きっちり6時間で熱が39度4分に。行かなくて良かった。

2011年1月7日(金)
5時起床。薬を飲んでフラフラしながら台場のZEPP東京へ。最悪のコンディションでツアー初日を迎える。リハーサル。ここ2日まったくギターに触ってないし、バナナやみかんしか食べていないので指に力が入らない。19時開演。なんとか やりきった。

2011年1月8日(土)
朝7時半起床。シロウト名鑑のロケ。2本撮り。1本目のお題は「シロウト版『あしたジョー』を探せ」。ジョー、丹下段平、力石、白木葉子を探す。ゲストは内藤大助さん。2本目は『下町の叶姉妹を探せ』。ゲストは東貴博さん。ロケは楽しい。楽しいんだけど体調が悪い。この2本、俺たぶん普段の三割も喋ってない。

2011年1月9日(日)
10時起床。熱は下がったが咳がひどい。武道館で流す用のVTR撮影。家に帰ると娘が「書き初めする」と言い出したので硯と筆と墨を出して書く。明日から大阪。20日ほど東京に帰らない。洗濯どうしよう。

2011年1月10日(月)
朝8時起床。熱は下がったが咳はおさまらず。10時20分発の新幹線で大阪へ向かう。14時、ZEPP大阪入り。2本目のライブ。意識的に間を詰めたので攻撃的なライブになった気がする。ザ☆たこさんのメンバーが楽屋を訪ねて来てくれた。ところで観客との世代的ギャップがこのところ激しい。数年前までウケていたギャグや固有名詞が通用しない。正確には去年の夏フェスあたりで「あ、客層入れ替わったな」と実感したが根拠はない。とにかく、自分が面白いと思うギャグや人選では爆笑が取れないのは辛い。どうしたものか。ホテルに戻り大阪の、いかにも大阪らしいバラエティ番組の総集編を観ながら、そんなことを考えた。

2011年1月11日(火)
寝たり起きたりしながら、そういえば夕べ晩飯食ってないや!と奮起してホテルのバイキングで朝食。14時頃会場入り。今日はメニューをガラっと変えるので確認に時間かかった。3本目。前半は悪くなかった気がする。後半、新曲の『だだだ』でドラムの石鹸(三宅弘城)がお客さんにも分かるようなミスを犯したあたりから咳が止まらなくなりアンコールは地獄だった。打ち上げ。ブリのしゃぶしゃぶが美味しかったが、大して飲んでないのに悪酔いしてしまい早めに引き上げ午前2時には布団に入ったが5時に目が覚めてしまい、二度寝。

2011年1月12日(水)
9時起床。移動日。今日はライブが無い。17時に広島着。くるりのライブを観に行く。ワンマンは初めてかも知れない。非常に良かった。楽屋に挨拶に行く。カフェでビール飲んで胃が弱っていたのでリゾットを食べて12時就寝。

2011年1月13日(木)
5時に空腹で目が覚めた。朝食バイキング。11時にホテルを出て歩いてたらパルコに着いてしまった。タワーレコードでDVDを買ってスターバックスへ。14時に会場入り。4本目。10数年ぶりに『AC/魂』をやる。しかも完奏。終演後、珍しくメンバーのみでお好み焼き。三宅さんが43才の誕生日だそうでケーキが出て来た。2時就寝。

2011年1月14日(金)
10時に集合して関門海峡を越え14時に福岡入り。まず洗濯。空腹に耐え切れず夕方 フライングでラーメン。味は普通で残念だった。夜はまたもや三宅さんの誕生会。今日が本当の誕生日らしい。途中でリタイア。

2011年1月15日(土)
寝たり起きたり仕事したり買い物したりして14時ZEPP福岡入り。5本目。男率が高い。終演後、娘のお友達とそのご両親が楽屋に来てくれた。昨日行けなかったラーメンがおいしいという屋台へ。本場の長浜ラーメンを食べると、我々が東京で食べているのは東京向けにカリカチュアライズされた長浜ラーメンなのだな、と思い知らされる。実に美味しかった。

2011年1月16日(日)
福岡→熊本は2時間で着いた。スタッフさんに誘われて温泉へ。車で40分ほど走ったところにある草枕温泉。夏目漱石の『草枕』の舞台。露天風呂から有明海が見える。気持ち良い。なんだかやっとツアーらしくなって来た。が結局、長く温泉につかりすぎてグッタリする。夕方6時に部屋に戻りウトウトするが「あ!朝からなんも食ってねえ!」と焦ってラーメンを食いに行く。なんだか自分に振り回されているな。

2011年1月17日(月)
午前9時に起きて軽く仕事。コンビニで朝飯。6本目。熊本は初めてなので、なるべ くオーソドックスなメニューで臨む。そして打ち上げ、郷土料理の店。みなは馬刺でテンション上がってたけど俺は断然からし蓮根が美味しかった。そのあと麻雀。ひとり負け。朝5時半就寝。

2011年1月18日(火)
10時ロビー集合。今日の移動はすごい。何しろ熊本から高松だ。海を2つ渡る。熊本→福岡→山口→広島→愛媛→香川。六県横断。何時間かかるんだ。怖くて聞けない。午後7時半ようやく高松に着いた。9時間半。腰がバキバキだよ。部屋に入って家に電話。娘に「あと何回泊まるのぉ?」と訊かれ、東京に帰りたくなる。カレーうどんを食って寝る。

2011年1月19日(水)
午前3時に目が覚める。ホテルだと寝つけない。朝10時にうどんでも食べようかと外へ出たがコーヒー飲んで帰って来てしまう。14時会場入り。7本目。高松オリーブホール。今回のツアーで最もユルい空気のライブだったと思う。終演後は楽屋でビールを飲みながら京都『磔磔』公演のメニューを話し合う。ステージが狭くて楽屋が遠いため、コントがほぼ出来ない状況らしい。撤収作業を終えたスタッフと共にバスで瀬戸大橋を渡り0時30分岡山入り。あっという間に寝た。

2011年1月20日(木)
8時に起きて部屋でダラダラしたあと本屋に行って移動中に読むマンガとかを買って 喫茶店を探す。8本目。岡山は若い、明らかにグループ魂初めて見た!という感じのお客さんが多かった。面白いなあ若者は。コントの間でも平気で騒ぐ。無軌道に騒ぐ若者がいると、試行錯誤していた頃を思い出して新鮮な気持ちになる。終演後、ホテルの大浴場で汗を流し軽く飯を食う。明日は京都に移動。

2011年1月21日(金)
11時ロビー集合。京都に着いてまず洗濯。そしてまた朝から何も食ってねえからカフェにて遅めの昼飯。カレーを食べる。ごはんが柔らかいな。洗濯物を取り込み武道館のことなど考えつつビール飲んで遅めの夕飯。なんか焼鳥の乗っかったどんぶり。やっぱりご飯柔らかいよ!京都ってそうなの?

2011年1月22日(土)
京都磔磔。なんか興奮して眠れなかった。あとで聞いたら細かいのも入れると結局34曲演奏したらしい。今回のツアー中、最もイレギュラーな内容でした。はい。でも、もっと演りたいと思わせる何かがある空間でした。たぶん一生の思い出。終演後しのやんこと篠田純氏に会う。30年前にSSという伝説のパンクバンドでギターを弾いていた人で、僕にとって京都と言えばSS、そしてコンチネンタルキッズ、つまりしのやんなのですが、磔磔のフリーペーパーにしのやんの文章を発見し「しのやんに会いたかった」と口走ったら、わざわざ来て下さいました。うわー!しのやんだ!三宅さんも合流して、非常にコアな話をする。現在は騒音寺という、これまた渋いバンドのマネジメントをやってるようです。最終的に楽しすぎて酔い潰れてしまった。

2011年1月23日(土)
金沢へ移動。滋賀~福井が雪でびっくり。金沢はそうでもなかった。着いて早々にまた温泉。松任海浜なんとかいう、日本海が見えそうで見えない露天風呂。気持ちよかったあ。帰って寝ちゃう。晩ご飯食べてないのを思い出し回転寿司を探して右往左往して結局見つからず洋食屋に入る。部屋でダラダラしたあと富澤さんと合流しバーへ。お酒飲むのも飽きて来たな。

2011年1月24日(月)
散髪。金沢ライブ。磔磔の延長で、わりと小さな小屋用のメニュー。良かった。終演後ホテルの傍の寿司屋で珍しくメンバーのみ呑。寿司は普通にうまかった。でも何より「キュウリの天ぷら」のうまさに驚く。やばい。これ今回のツアーで一番かも。ちょっと体調がすぐれずホテルへ。朝方目が覚めて仕事した気がする。

2011年1月25日(土)
名古屋移動。腹いてえ。福井のサービスエリアで蕎麦食った。名古屋に入ってラジオの生出演&取材。結構しんどい。今日はうどんでも食って寝ようと思ったが名古屋と言えば味噌煮込みうどん。めっちゃ美味しいが決して胃には優しくない。完全にお腹こわして終了。

2011年1月26日(水)
薬飲みつつ喫茶店で仕事。つらい。腹痛い。海老フライのサンドイッチを少し食べて本番。いやあ、盛り上がったね。でも腹痛。終演後は石鹸、カヲル、俺の風呂三兄弟でサウナへ。湯豆腐を食って寝る。

2011年1月27日(木)
東京へ移動。サービスエリアで静岡おでんを少し食べ羽田着。そのまま沖縄へ。とてもじゃないが、みんなと同じように食事は出来ないと思ってひとり別行動。沖縄そばだけ食えればいいやと飛び込みで入った居酒屋で面白いことに。詳しくは週刊文春コラムで。武道館の構成でひとり頭を悩ませる。腹痛い。

2011年1月28日(金)
早起きして公設市場へ。海ぶどう&島らっきょうを購入してホテルへ戻り、ライブハウスへ。ナムラホール。かつてはダンスホールだったようです。ここだけ運搬の都合でアンプが借り物。最初のがあまりに音が小さくてもう一台借りる。本番は大変盛り上がった。打ち上げ。誰かが「三線の聴ける店はないのか?」的なことを言ったら、スタッフさんが何を思ったかお土産用の三線を買って来る。1万円前後で買えるらしい。なんとなく弾いたらすごく楽しい。「良かったら持って帰って下さい」と言われ、有り難く頂戴する。バーへ移動したあたりでとてつもなく眠くなり帰る。

2011年1月29日(土)
11時半の飛行機で東京へ。二十日ぶりだ!事務所で武道館の衣装合わせをして夜帰宅。娘と遊んでいるうちに寝てしまった。

2011年1月30日(日)
朝の新幹線で仙台入り。地元だけあって親戚、親、知人の訪問が多い。本番はまあ、若干やりづらかったけど盛り上がって良かったです。終演後は高校時代の友人から頂いたロックンロールオリンピックの秘蔵DVDを持って飲み屋へ。テレビを見ながら飲むと酔っ払わないという発見。5時半まで飲んだ。

2011年1月31日(月)
札幌へ移動。カヲルさんとキャンペーンでラジオ、テレビ、タワレコトークショー。魂の場合、おもしろ優先の取材はフロント3人、真面目な話は俺と遅刻、どっちもという場合はカヲルさんと俺になる。時々間違えて遅刻におもしろを要求したり、バイト君に音楽の話を要求したりする人がいて面食らう。まあ、今日は良かったな。終わってキューンの西條さんお薦めのハンバーグ屋に。都会の山賊で俺以外が行った店です。確かにうまいわ。軽く飲んで帰って武道館の件でいろいろ問題があり構成を練り直す。

2011年2月1日(火)
台本を直し終えて1時から7人で取材。そのままZEPPへ。今日のライブのリハが早く終わったので武道館でやる曲をちょっとやる。本番。なんだか武道館は緊張して楽しめない気がしたので今日はいつもより長くやってしまった。魚の美味しい店で打ち上げ。みんなは楽しい2軒目に行ったようですが俺はホテルで一眠りして武道館の構成を三たび練り直す。

2011年2月2日(水)
帰京。札幌空港で寿司食ってやる!と思いつつ食えず、家の近くのつけ麺屋へ。娘を迎えに幼稚園。「お父さんだ!なんで!?お父さんだ!なんで!?」という新鮮なリアクションで疲れもふっ飛んだ。カレーを食べて遊んで爆睡。やっぱ疲れてんだな。

2011年2月3日(木)
リハーサル。少路のパートをやって気になる曲を数曲やってゲストを迎えてリハ。その後アンコールの流れを確認。これ長いぞ!と思い直しライムサワーを一曲削る。その後、ウーマンリブのチラシ打ち合わせ。空腹で家に帰るとぶっとい恵方巻きが。うまい。

2011年2月4日(金)
武道館前日にまさかのオフ。落ち着かない。幾つか先の仕事をやりながら何度も演出助手の大堀くんに確認のメールを入れる。落ち着かない気持ちはイライラへと変わり、数日ぶりにタバコを吸ってしまった。

2011年2月5日(土)
眠れず朝10時に武道館入り。会場を下見。やばい。二階席からの景色が特に。そんな感傷もリハーサルでやる事が多すぎて吹っ飛んだ。5時10分本番。前説のカヲルさんの表情が明らかにいつもと違う。1曲目。考えに考えに考えて決めた幕開きがハマって良かった。あとは飲み込まれないように上滑りしないように注意しながら意外といつもどおり出来た気がする。アンコール以降のことはあまり記憶にない。辛かった。特にライムサワー。あのステージに動ける2人と動けない2人。ものすごく心細かった。詳しくは映像撮っていたので改めて見て…いや、まだちょっと見れませんね。とにかく全15ステージ、我々を支えてくれたスタッフにまず感謝。盛り上げてくれたお客さんにも感謝。ついでにメンバーにも感謝。いつもいつも追い込んで申し訳ない。そしてゲストの増子さん、瀧さん、なぜか夏木マリさん、案の定の荒川くん、遅番にも感謝です。いやほんと。ありがとう!

2011年2月6日(日)
完全なる放心状態で何も手につかない。踏ん張って文春の連載を書きあげ家に帰って肉じゃが食べて絵本読んで寝ちゃったよ。明日からがんばるから!

2011年2月7日(月)
機材運搬。その後マッサージへ。そのままバウスシアターで『ソーシャルネットワーク』を観る。うーん。完成度の高い良い映画ではあるが、なんかこう、響くものはなかったなあ。すいません。夜、カフェでいろいろ書きながらビールを飲んでしまう。明日こそがんばるから!

2011年2月8日(火)
シロウト名鑑会議→六本木で打ち合わせ。昨日に続いて映画?と思ったが岩松さんの芝居に行けるのが今日しかない事が発覚。下北沢へ。『国民傘』。スズナリ久しぶりだなあ。そしてスズナリやトップスで岩松さんが作る芝居は容赦ない。ただもうすごい。今回は不条理劇というか詩的な感じでした。隣の席の年配のお客さんが途中でガックリとうな垂れて呟いた「……難解だ」。それが痛快だった。明日も早いので挨拶だけして帰る。

2011年2月9日(水)
約一ヶ月ぶりのシロウト名鑑ロケ。歩道でピンマイクつけてたら「あ、シロウト名鑑だ」と言われた。なんか嬉しかった。2本撮り。1本目はアクティブで2本目は味わい深かった。終わって珍しくスタッフと食事。帰りのタクシーで細川君と反省会。

2011年2月10日(木)
今日から家族旅行。奥さんが荷造りしている間に娘と公園へ。ついでに人間ドックの予約。帰って少し仕事して夕方羽田へ向かう。22時に米子着。妻子が寝てから魂のライブ音源をまとめて聴いて選曲作業。2時就寝。

2011年2月11日(金)
米子から鬼太郎電車で境港へ。水木しげるロードは文字通り「水木しげるロード」だった。妖怪と人間の商魂に脱帽。あと店頭に貼られている自分のポスターの数に驚愕。一旦、米子に戻って特急で鳥取市へ。鳥取の西端から東端へ。夜は松葉ガニの暴力的なウマさに胃がギブアップ。横になりR-1を観た。AMEMIYA面白い~!東京帰ったらYOUTUBEだな。明日は砂丘で娘をらくだに乗せる予定。しかし雪が…。

2011年2月12日(土)
降ってない!布団から飛び起きて旅館の朝食をガーッと食って砂丘へ。『らくだ出てます』の幟を発見し小躍り。99%諦めていたのに、なんとか娘をらくだに乗せて…電池が切れた。砂たまごという、砂で温めたゆで卵が美味しかった。そして雪、雪、雪。3時には旅館に戻っちゃった。暇を持て余し温泉に4回も入っちゃった。ご飯食べて寝て起きて仕事しちゃった。

2011年2月13日(日)
白兎神社へお参り。お土産買って鳥取空港から羽田へ。家に帰って文春その他やってご飯食べてYOUTUBEでAMEMIYAのネタを見る。やっぱあの3本が面白い。もちろん優勝した佐久間一行さんのも面白いのですが、なんかもうシュールっていう既にあるジャンルの中の面白さであって目新しさは無かったなあ。すいません。マシュマロウエーブなんかを夢中で観てた20代前半の俺だったらハマったかも。そういう意味ではAMEMIYAも元気いいぞうさんを想起しないでもないけど…顔がいいんですよねえ。なんて考えてたら夜中の1時。明日こそがんばるから!

2011年2月14日(月)
一日仕事じゃ。

2011年2月15日(火)
シロウト名鑑会議。新宿で『冷たい熱帯魚』を見る。でんでん最高。でんでん史上、いや邦画史上最も恐ろしい人間だと思った。もちろん吹越さんや女優陣も凄まじいのですが、でんでんさんの「げへへへへ」や「ぐはははは」は、それ自体がR-18です。あ、死体とか血みどろの場面は,意外とすんなり見れた。あと、テレビブロスの取材を受けたのですが、松尾さんの岡本太郎の写真にニヤニヤしました。

2011年2月16日(水)
渋谷で打ち合わせ。帰りに百軒店のあたりで久々に職務質問。4人掛かりだった。「端っこに寄りましょうか」に始まり「今日はお仕事ですか?」「鞄の中見せてください」挙句の果てはリップクリームを出して「この薬なんですか?」とござった。「下半身の薬」と言ってやろうかと思った。でも4人とも礼儀正しく腰の低いお巡さんで不思議と不快ではなかった。夜ウーマンリブの写真撮影。松尾さん、あおいちゃん、田辺さん、岩松さん。なんだろう。バラバラなのに何か共通項があるような気がした。俄然楽しみ。DJの佐藤君と会う。武道館をものすごく何度も褒められた。

2011年2月17日(水)
シロウト名鑑ロケ。いつもの事だが1本目は順調。2本目はちょっと欲出してゴールを見失う。今さらですが隔週でシロウトをナンパすることになるとは…。明日人間ドックなのでうどん食って早寝。

2011年2月18日(金)
人間ドック。身長が1センチ以上伸びていた。177.7。内視鏡。腹部エコーは異常なし。他は1週間後に結果が出る。歯医者へ行ってから乃木坂へ。グループ魂ライブ盤のマスタリング。結局メンバーは「お任せします!」ということで、選曲から何から俺と遅刻とキューン西條さんとでやることに。遅刻が「あのテイクは演奏が雑だから」とか「コーラスが整ってない」とか細かいことを言ってましたが、ほぼ無視した。すいません。富澤さんから借りたメタリカの映画を観る。アルバムレコーディングに密着したドキュメンタリー。最高でした。成功を収めたバンドでも色々あるんだな。『情熱三宅大陸』の呑気さが救いだ。

2011年2月19日(土)
娘とヨーヨーを買いに行きラーメン食った後ウーマンリブ台本書き。夜は真心一座を前進座に観に行く。まさにファイナルだった。出演者と呑みに行った。2軒目は成志さん近藤君と因縁の闇太郎へ。

2011年2月20日(日)
今日はとにかくウーマンリブです。

2011年2月21日(月)
事務所でチラシの打ち合わせ。篠崎さんがまた可愛いイラストを描いて下さいました。そのまま事務所で執筆。

2011年2月22日(火)
シロウト名鑑会議。KARAの回、面白かったのに数字が…。ウーマンリブ執筆。夜は息切れしてDVDを鑑賞。逆噴射家族を懐かしく見る。

2011年2月23日(水)
昼は執筆。夜は打ち合わせ。その後魂の打ち上げ。なんだか間が空いての打ち上げって温度が難しい。ので俺にとって今もっともホットな話題、メタリカについて大いに語る。2軒目でなんかダルくなって帰る。

2011年2月24日(木)
とりあえず執筆だ。まずまず書いたので夜中に相米慎二監督の遺作「風花」を見直す。あの柄本明さんのシーン、すごいよなあ。

2011年2月25日(金)
今日は奥さんが仕事で娘を迎えに行く…予定だったが、仕事が早く終わったので行かなくていいよと言われる。三人でメシを食って夜はフツーにパソコンの前で煮詰まる。

2011年2月26日(土)
ウーマンリブのチラシ打ち合わせ。毛筆で題字を書くことになり軽くテンパる。夜は大堀くんの温泉きのこを観に行く。久しぶりだ。OFFOFFの狭い舞台で踊ったり歌ったり大騒ぎだった。

2011年2月27日(日)
昼間なにしてたっけな。ウーマンリブか。夜はブッチャーズの「kocorono」を観た。ライブシーンがすごくカッコいい。そしてバンドが直面する赤裸々な現実。ロケ場所のひとつが明らかに「いせや」だった。あんな呑気な場所であんなヘビーな会話。見応えありました。福本先生からメール。近くで飲んでいるというので顔を出す。刺激を受けました。

2011年2月28日(月)
奥さんがお通夜に行ったので娘を幼稚園に迎えに行く。晩ご飯なにがいいか訊くと「塩らーめん」というので、家に帰ってサッポロ一番(塩)を作ってあげたが、ゴマを入れたらすごく怒られた。

2011年3月1日(火)
シロウト名鑑会議。週一で会議があるというサイクルで正気を保っている感じが非常に良いです。帰ってウーマンリブ。

2011年3月2日(水)
昼間ガガっとウーマンリブ。夜はキューンの西條さんと飲みました。

2011年3月3日(木)
朝からシロウト名鑑2本撮り。今日は2本とも楽しかった!吉祥寺に帰って弁天湯。いわき兄弟を途中から。風呂エコーのせいで上手に聴こえました。打ち上げ行きたいところをグッとこらえて家に帰って娘のひなまつり。

2011年3月4日(金)
娘のお遊戯会。あと『英国王のスピーチ』を観る。疲れのせいか前半ちょっと眠くてヤバいかなと思ったけど、いい映画だった。むりやり感動させようとしてない感じも。吃音の芝居、というか症状が英語と日本語では違うんだな感じた。

2011年3月5日(土)~7日(月)
武道館以降、メインはひたすらウーマンリブなわけだが、本番までまだ3ヶ月あるという余裕のせいで勢いがつかない、というのが正直なところです。早く終わらせて待機している他の作品に取りかかればいいのだが、な んだろう。もっと面白くなるはず、という欲が出て何度も読み直してしまうのです。そのぶん密度は濃いと思うのですが。ほぼ禁煙(節煙)生活が続いており、基本ニコレットガムを噛んでいるのですが、歯が普通の人より尖っているのでうっかり口の中の色んな肉を噛み切ってしまうんです。ガムも上手に噛めないのか俺は。関係ないけどラストオーダーズの『大人パンク』をこのところ聴いています。

2011年3月8日(火)
シロウト名鑑会議。その後渋谷のプレジャープレジャー(旧シネセゾン)へ。三宅伸治さんの50歳記念ライブで3曲ほどギターを弾いたり歌ったりする。友部正人さん、石田長生さんのリハを見てちょっと泣きそうになる。花田さん、ウルフルケイスケさんのギター。梅津さん片山さんのサックス。この音が俺!この声が俺!というものすごい個性に囲まれてビビりながら『プライベート』『ギターマン』アンコールで『たたえる歌』を弾いた。緊張した。特に『プライベート』は自分のリクエストだし、三宅さんと清志郎さんの初めての共作だし、ドラムは2・3Sの大島さんだし。でも、なんとかやれた。Gソロに入る時、ちょっと我を失いミスタッチした以外はなんとかなった。なんだか楽しい夜だった。

2011年3月9日(水)
昨日楽しかったなーとボンヤリしつつウーマンリブ。実家からヘンなメールが来たので折り返すと震度5強の地震があったようです。でも無事だって。良かった。

2011年3月10日(木)
午前シロウト名鑑ロケ。ミスキャンパスの合格発表を見に行くという。午後はウーマンリブ。母の誕生日なので娘に電話させる。77歳だそうです。

2011年3月11日(木)
明大前の事務所で仕事してたら激震。慌てて4階から階段で下に降りて避難。もしかして…と思って実家に電話するが繋がらない。やはり宮城沖が震源地らしい。参ったな。小田原の姉に確認したとこ、地震直後に電話が繋がり、みな無事とのこと。とりあえず歩いて家に帰った。10時過ぎ。テレビを点け事態の深刻さを理解する。でも当事者は停電でテレビも見れないんだからもっと不安だよな。深夜、地元の友人と奇跡的に電話が繋がる。08年の地震より凄まじかったという。そうかあ。やっと復興したところだったのに。

2011年3月12日(金)
朝、義兄から「無事です」という短いメールが奥さんあてに来る。実家の安否を気遣 うメールがたくさん来て、その返信にほぼ一日を費やした気がする。有り難い。本当に大変な状況にいる人は電話やメールはもちろん、水や食べ物も無いんだもんな。ラジオを聞きながらパソコンを開くが落ち着かない。南三陸町。子供の頃に何度も海水浴に行った。父や友人とハゼを釣りにいった。高校の時は自転車で遊びに行って民宿に泊まってホヤとかウニとか食ったなあ。松島や塩釜も毎年のように行ってた。仙台はこないだツアーで行ったばかりだ。うーん。何か出来ることは?募金はするとして。今、どうしていいか分からない。

2011年3月13日(土)
ネットの情報は色んな意味で不安を煽られるというか正気を保てない気がしてラジオのみに切り替えました。『ジュピター』がやたら流れる。うーん。『ペニスJAPAN』ではダメか。ダメだよな。すいません。でもあれだ。何が人を元気づけるか分からないんだ。とりあえず俺は無性にハードコアパンクが聴きたいぞ。午後に家を出て喫茶店でパソコンを開くが、集中できないというか、震災を踏まえたアイデアやセリフしか湧いてこないので、こりゃいかん!と思い直し帰宅し、娘とバドミントンに興じて気持ちを落ち着かせる。

2011年3月14日(日)
実家および友達と連絡が取れない。友達は仙台市若林という、津波の被害をモロに受けた場所に住んでいる。心配。台本書かなきゃ、という自分と、台本なんか書いてる場合か!という自分のせめぎ合い。気がつくと携帯握りしめて「あー」とか「うー」とか言ってる。ストレスで完全にお腹こわした。停電は結局敢行されず。夜中、仙台の友達と電話が繋がる。無事で何よりだ。実家の方まで車で行ったが08年の地震に比べたら被害は軽いとの事。それでも電気ガス水道は止まったままで、とにかく水とガソリンが不足しているそうです。別の友人からも電話。実家の様子見て来るよ、と言ってくれた。ありがたい。今日は眠れる。

2011年3月15日(月)
シロウト名鑑会議。実家から3日ぶりにメール。なんとか元気にやってるとのこと。まだ救出されてない人や身内の安否が分からない人、避難所で心細い思いをしている人、そして亡くなられた方々を思うと大喜びは出来ない。でもホッとした。そんな中、都知事が失言。どうしちゃった?普段こういうのには寛容な方だし俺も口は滑るし極力我慢するけど、これは…。本人はちょっと辛口の教示ぐらいのつもりだったかも知れないけど、その程度の毒舌ならそこいらの兄ちゃんでも言えると思う。しかももっと面白く。なんだかなー。ムカムカしながら芝居の取材を2つ受ける。ムカムカしながらつけ麺食べた。今お腹痛い。とても。それも含めてまたムカムカ。このムカムカ、今回は自分にとって身近な問題なだけに、ちょっと置いとこう。

2011年3月16日(火)
ちょっと冷静になった。都知事も冷静になったのか撤回してた。だからもう考えないことにした。

2011年3月17日(水)
こんな時でもシロウト名鑑ロケ。町中をウロウロするのはまずいので主に屋内で。不謹慎と言われてもやらなきゃしょうがないんじゃ!母親と電話が繋がる。やっとテレビが点いて津波の映像を見たらしくショックを受けていた。

2011年3月18日(木)
打ち合わせ。テレビ局の非常事態ぶりを一通り聞く。そう言えば立川志らく師匠の独演会面白かったなあ。『浜野矩随』『五人回し』どっちも知ってる話だけど全く違った印象でした。何よりこのご時世に中止にしなかった事が素晴らしいと思う。今日の晩ご飯は鍋。どうしても被災地の皆さんのことを考えてしまう。でも俺が食わないからって事態は何も変わらないので食う。

2011年3月19日(金)
一日じゅうウーマンリブの構想&文春。栗原にいる友人から長いメールが来た。地震から今日までのことが細かく書いてある。中でも印象的だったのは愚痴や弱音、行政への不満を漏らす人は皆無だということ。そうなんだよなあ。結局、不満を言ってるのは被災してない地域に住んでる我々なんですよね。勝手に代弁した気になって勝手に自分も何かした気になるのは危険ですね。内陸部の皆さんは「海沿いの人達にくらべたら我々の苦労なんか何でもない」と言ってます。

2011年3月20日(土)
自宅から一歩も出なかった。うそ。資料を買いに本屋へ行った。ラジオを聴いている。11日以降、どの局も音楽をたくさんかけている。こういう時にふさわしい歌や楽曲が日本にはたくさんあるんだなと気づかされる。普段なら耳が受けつけない歌でも今は聴けてしまう自分。歌詞に耳を傾けてしまう自分。飽きると相変わらずYOUTUBEで80sハードコアパンクを検索する自分。そしてこのタイミングでものすごい本を読み始めてしまった。『消された一家~北九州・連続監禁殺人事件』。ずっと読みたかったのだが今じゃなくても、とも思う。

2011年3月21日(日)
今日はホントに家から出なかった。放射線被害が怖いからじゃなくてたまたま。なんか東京から西へ避難する人が多いらしい。分からない。いや分かる。分かるけど俺にはできない。仕事もあるし。東京はそこまで深刻な状況じゃないはずだ。自宅待機で充分なはずだ。子供のことも心配だけど東京で出来る範囲でやれる事はやろう。楽観的なわけじゃなくて冷静なんだと自分に言い聞かせてただ淡々と日々の仕事をする。明日は会議。普通に電車で行く。怖くない。

2011年3月22日(月)
会議。早く終わったので銀座で『シリアスマン』を観る。コーエン兄弟はやっぱ信用できる。『トゥルーグリット』も楽しみだけど期待し過ぎると…な部分も含めて信用できる。そういえば昨日、カンニングの竹山さんがラジオでブチ切れていた。風評被害、というかもはや差別じゃないか?というエピソードに胸が痛む。福島県の皆さんに俺も謝りたいわ。

2011年3月23日(火)~25日(木)
地震から2週間が経ちました。直後よりも今の方が心にズシンと来る。1日のうちに気分が落ちてない時間が1時間ぐらいしかない。その間に台本を書き進めるしかない。みんなそうなんだろうな。

2011年3月26日(金)
気晴らしにライブを見に行く。騒音寺VSエンケン。どちらも最高であった。エンケンさんの「不滅の男」「東京ワッショイ」はこういう時こそ心に響くなあと思った。

2011年3月27日(土)
金八スペシャルをがっつり見た。これについては文春に書くと思うが、もうドラマという枠を完全に越えていた。

2011年3月28日(日)
今日からうちにお客さんが泊まる。娘より1才年下の女の子連れなので、娘は大喜び。ひと仕事して家に帰り二人をお風呂に入れた。髪が長いとシャンプーが大変だな。

2011年3月29日(月)
ウーマンリブ。やっと光が差したかも。

2011年3月30日(火)
野田地図。この芝居を震災前に作った野田さん、キャスト、スタッフ。すごいな。たまたまなんだよな。これ震災前だったらどう見るだろう、と心がけたせいで面白かったけど消耗した。お芝居ぐらいニュートラルに見たいものだな。でも見れただけ幸せだ。

2011年3月31日(水)
シロウト名鑑。オーディションに落ちた人オーディションという企画。色んな意味 で圧倒された。

2011年4月1日(金)
ウーマンリブ。今さらながら今回はいつもと違うタッチだなとつくづく思う。

2011年4月2日(土)
Number the.のチャリティーライブにゲストで出る。色んな意味で魂と違う。リハを見ていて富澤さんの音に対するこだわりに驚く。そうか。魂では俺が仕切るから黙ってんだな。カラテチョップという店でカレーを食う。キューン西條さん、武道館でVJやってもらった和田さんと合流してダラダラ過ごして再度楽屋入り。突然AMEMIYAのネタが降って来てカヲルさんに「AMEMIYA知ってる?」と聞いたら「なんとなく」というので、ぶっつけで♪冷やし中華~と歌ってみたらそこそこ受けた。東北の魂。アンモナイト。箭内さんの声は人の心を打つなあと、楽屋で思った。歩いて100メートルのガーデンというライブハウスで三宅伸治さんが清志郎さんの誕生日記念でライブをやっているというので顔を出し急遽、ホンジャマカの石塚さんと『雨上がりの夜空に』を歌う。紅白とレコ大をハシゴした気分。ああ。すっかりチャリティーを楽しんでしまった罪悪感。

2011年4月3日(日)・4日(月)
ウーマンリブ終わらない。なんでだー。一生けんめいやってんのにな。

2011年4月5日(火)
シロウト名鑑の会議中に社長から「向田邦子賞を頂きましたよ」と告げられる。忘れてた。候補に挙がった時点で「受賞したらそのまま記者会見です」と言われてたのに超ラフな恰好で来てしまった。風呂も入ってない。ダメな感じでNHKへ。錚々たる審査員の先生方に選んで頂いたことはもちろん、あのシナリオを読んでもらえた事が何より嬉しい。記者から質問。仕方ないとは思うのですが震災に関する質問が多い。やっぱり言葉を選んでしまう。俺が選んだ言葉から記者の方はさらに言葉を選んで記事にするんだろうなというのも踏まえて言葉を選んで発言する。どっと疲れた。せっかく渋谷に出たので急遽、星野くんのソロライブを観に行く。すごい女子率。マイナスイオン的な何かが出ていた。

2011年4月6日(水)
お祝いのメールに返信してたら一日過ぎてしまった気がする。でも、ありがたい事です。

2011年4月7日(木)
事務所で取材。終えてカフェで仕事しようとしたら隣の女性が「宮藤くん!?」と声かけて来た。見たら大学の同級生。今はドラマや映画の演出をやっている。うっかり数時間話し込んでしまいビールも飲んでしまった。帰って寝たけど余震で起きた。ラジオ聴きながら少し書いた。

2011年4月8日(金)
昨日の余震で実家のガレージが半壊したようです。なんだか気持ちが上がったり下がったり落ち着かない。そんなどっちつかずな気分のまま、ウーマンリブ第一稿をとりあえず脱稿。達成感はほぼ無い。まだ初日まで2ヶ月あるし。実家、大丈夫かな。

2011年4月9日(土)・10日(日)
ウーマンリブ台本を直しつつ久しぶりに大人計画の人々に会った。福島 の人が3人いて、やっぱり地震の話になる。あと少路が「向田邦子賞おめでとうございます」と噛まずに言ったので少し驚いた。選挙にも行った。久しぶりに娘を自転車に乗せて善福寺公園に行くが着いた途端「帰りたい」と言われ落ち込む。桜満開なのに。夜は『極悪レミー』をようやく見る。レミーの息子がいちばん面白かった。

2011年4月11日(月)
ウーマンリブの台本を直したり文春を書いたりしてダラダラ過ごした。

2011年4月12日(火)
シロウト名鑑会議。そのあと新宿で『トゥルーグリッド』を観た。コーエン兄弟の幅を見せつけられた気分。大作。でも軒先の子供を無意味に蹴飛ばすくだりとか笑った。でも全体としては『シリアスマン』の方が好みだ。夜は執筆。

2011年4月13日(水)
執筆。夕方から表参道で打ち合わせ。

2011年4月14日(木)
シロウト名鑑ロケ。純然たるロケは1ヶ月ぶり。下北沢だったので皆さん気さくに応じてくれて助かった。2本目はちょっと重かった。明日、熱が出るかも知れない。

2011年4月15日(金)
何してたかなあ。とりあえず仕事してたのは間違いないのだが思い出せないなあ。

2011年4月16日(土)
演劇ぶっくの表紙撮影。松尾さん岩松さんと3人で。改めて今回のウーマンリブはすごい組み合わせだなと感じた。岩松さんに憧れた松尾さんに憧れた俺。あおいちゃん。田辺さん。頑張んないとな!朝から何も食ってなかったので激しい空腹のため何を食っていいか分からず海鮮丼立ち食い。そのあと執筆。

2011年4月17日(日)
娘関係の集会。新宿。荒川くんが出ている円形劇場の芝居を観に行こうとして、新宿に財布を忘れたと気づいて取りに戻る。幸い発見。面白い芝居だった。下北沢440でウルフルケイスケさん&リクオさんのライブに駆けつける。「楽しい」という言葉がぴったりくる素晴らしいライブだった。

2011年4月18日(月)
美術の打ち合わせ。まだ漠然としている。夜は久々に弥次喜多のプロデューサーと会食する。

2011年4月19日(火)
シロウト名鑑会議。その後、恵比寿で取材を受ける。岩松さん&荒川くん。

2011年4月20日(水)
あおいちゃんと雑誌の取材。台本を必死に書いていたせいで宮﨑あおい=可愛い、という当り前のことをすっかり忘れていた。今日も可愛かった。受け答えが大人な感じがした。

2011年4月21日(木)
ウーマンリブ直しを必死にやる。

2011年4月22日(金)
向井さんと音楽打ち合わせ。その後、立川志らく師匠の落語を聞きに行く。「黄金餅」。壮絶だった。細かい描写でここまで印象が変わるんだなと思った。URASUJI。実に久しぶりのDJでかなり適当だったが盛り上がって頂いて良かった。佐藤くんは今日も元気で声がデカかった。売り上げは被災地に送るんだって。

2011年4月23日(土)
幼稚園のお誕生会。「お子さんが小さい頃のお話をして下さい」と先生に振られ動揺する。小さい頃?まさに今じゃないの?それでも他の親御さんは「よく食べる子でした」とか「手のかからない子で」とかスピーチしている。うーん。文春に細かく書いてしまったのでこういう時にエピソードがスッと出て来ない。お風呂で頭をぶつけた話や天井に頭をぶつけた話をして「よく頭をぶつける子でした」と締めたらビミョーな空気になった。そりゃそうだ。正しくは「よく頭をぶつける親でした」だもんな。

2011年4月24日(日)
ウーマンリブ直し。急に思い立って来週末帰省することにした。

2011年4月25日(月)
ウーマンリブ美術打ち合わせ→別件打ち合わせ。実家には車で行こうと思ったが断念。新幹線で行くことにする。

2011年4月26日(火)
シロウト会議。欲望という名の電車を見に行く。こういう話なんだ~と楽しく見れた。確かに松尾さんが好きそうな世界だった。演出も冴え渡っていた。顔田くんの登場には笑った。

2011年4月27日(水)
娘の誕生日。6才になりました。幼稚園に行き歯医者へ。ここ数日地元の友人とメールでやりとりしつつ被災地の状況を聞いている。物資はわりと足りているけど来てくれるだけで嬉しいとのこと。

2011年4月28日(木)
シロウト名鑑。2本ともシチュエーションが特殊なので戸惑う。1本目は幼稚園で名子役を探せ。芦田愛菜ってやっぱすごいんだな。じっとしてるもんな。2本目は水原勇気を探し女子野球をはしごする。25年ぶりのキャッチボールの相手が女。球が速過ぎてよけた。複雑だった。

2011年4月29日(金)
お昼の新幹線で帰省。墓参り。倒れた墓石を見てヘコむ。家に帰って損壊したガレージを見てまたヘコむ。なんとも中途半端な壊れ方。これだと保険は下りないだろうなあ。あいさつがてら友達の家を覗いたら慌てて召集をかけてくれて夜九時から町の集会所で宴会を開いてくれた。ありがたい。震災に関する話をひとしきり聞く。メディアでは語られない現地の実情。みんな喋りたいんだな。喋らないと落ち着かないんだろうな。俺も喋って聞いてずいぶん落ち着いた。明日は被災地へ行く。

2011年4月30日(土)
ボランティア活動している友人のナビゲートで南三陸町と石巻を回る。避難所の方が「震災以前のことは、まるで生まれる前の、前世での出来事のように遠い記憶でしかない」と言っていた。悲しい言葉のようだけど、過去を捨て仕切り直さないと未来が開けないという意味だそうで「人間というのは強くできているんですね」と仰っていました。俺も実情を見て、もっともっと暗く深く落ち込むかと思ったけどそうでもなかった。瓦礫に挟まれた道をトラックで走りながらいつも以上に友達と喋っていつも 以上に笑った気がする。不謹慎だとは思わない。どこかで正気を保とうとしていたのかも知れない。それだけ目の前の現実は厳しかったということなのかな。今はわりと平気だが筋肉痛のように遅れて来るのかも知れない。

2011年5月1日(日)
お昼の新幹線で帰京。案の定気分が晴れない。「クドカンさん、家族みんな流されちゃったの、写メ撮ってえ」と言ってたおばちゃんの顔が頭から離れない。だけど落ち込んでも仕方ない。俺のため息で仮設住宅が建つわけじゃあるまいし!と俺も仕切り直して帰ってすぐ次の仕事にとりかかる。

2011年5月2日(月)
清志郎さんの命日ですね。武道館行きたいところをグッと堪えて執筆。唐突ですが自衛隊っていうのは偉いですね。地元で強く感じたこと。よろしくね。

2011年5月3日(火)
シロウト会議。

2011年5月4日(水)
何してたっけかなー。なんかのプロットを書いていました。

2011年5月5日(木)
奥さんと娘と小田原の姉の働いている博物館へ。娘が「地球のしくみについて勉強して地震をなくすの」と殊勝なことを言いだす。

2011年5月6日(金)
吉祥寺で打ち合わせ。またプロットを書くと約束して終了。最近プロットばかり書いている気がする。苦手なのに。

2011年5月7日(土)
明後日から稽古。今しか出来ないことがしたいと思いライブを観に行く。リキッドルームでタワーレコード主宰のイベントをやってるのを思い出し突発的に行ってみるとちょうどJAPAN-狂撃-SPECIALが出てた。ベースのなめんなようかい君がバンドを抜けるらしい。それもあってかこの日のライブはすこぶる良かった。OKAMOTOSを見た。これは末恐ろしい。そしてMODS。生で見るのは初めてかもしれない。ありがた過ぎて涙が出た。総じて稽古前にライブが見れて本当に良かった。

2011年5月8日(日)
娘のバイオリンの発表会で四谷へ行く。みんな上手くてビックリ。さて明日から稽古だしいろいろ準備しようと思ったら携帯が無い。何度鳴らしても音がしない。自宅じゃないとすると…まさか!

2011年5月9日(月)
携帯繋がる。四谷のホールのスタッフの方が出た。やっぱりバイオリンの発表会の会場だった!早急に受け取りそのまま稽古場へ。本読みを2回。ちょっとしばらくは稽古ばかりなので、印象に残った出来事だけを書くというスタイルで行こうと思う。

2011年5月12日(木)
稽古休みでシロウト名鑑ロケ。15時回し。ゲストは蛭子さん。2本めが夜8時回し。ゲストがイジリー岡田さん。面白いけど…こんなに楽しくていいのか?と不安になる。

2011年5月13日(金)~25日(水)
この2週間にあったこと。稽古前後にパンフレットの鼎談を4本やった。岩松さん&荒川くん組は2時間近く喋りその惰性で飲みに行ってまだ喋った。田辺さん&少路組は不思議対決だった。松尾さん&矢本くん組はひたすらジェネレーションギャップを感じ、あおいちゃん&宍戸さん組は宍戸さんの人間性を掘り下げて興味深かった。その間にブッチャーズ吉村さんとの対談も入り、なんだか喋り倒した。稽古休み(19日)は奥さんが不在だったので久しぶりに娘と一緒だった。なんだかすっかり 生意気になったもんだ。あとは…『鎌塚氏放り投げる』を見て、荒川くん池田成志先輩とドス黒い飲み会に参加し途中退席したり映画『ブラックスワン』がすごく面白かったり。稽古場での親睦会という珍しい催しがあったり。打ち合わせとか執筆とか細々やりながら稽古は稽古で順調にやってました。

2011年5月26日(木)
シロウト名鑑ロケ。1本目は綾小路翔さんが再び来てくれた。『けいおん』探し。高校生バンドの今日を見た。2本目は松村邦洋さんをゲストに中野近辺で『アウトレイジ』探し。違う意味で素人の恐ろしさを知った気がする。終わって軽く反省会。

2011年5月27日(金)
稽古が休みだ。打ち合わせが一件。演劇やライブを見るのも億劫で家でDVDを見る。『義兄弟』。やっぱり韓国映画はドライで好きだ。

2011年5月28日(土)~30日(月)
稽古しかしてない。通し稽古をやったら内容はともかく尺が1時間50分!俺の作品の中ではたぶん最短です。いいね。終わってみうらじゅんさんと親孝行対談。ビール飲みながらエンドレスで喋りまくり聞きまくる。面白かった。

2011年5月31日(火)
シロウト会議。そのまま稽古。向田邦子賞のパーティーなのでスーツを持って出たのだが、稽古場で袋から出したら紺のスーツがホコリだらけ。うそおん。衣装の戸田さんに相談したら「カビです」。どうやら袋の内側にカビが付着していたようです。あーもう。戸田さんと佐藤涼子にメンテナンスしてもらう。パーティーは思ったより大きな会場で、出演者も大勢来てくださり、母親も奥さんも娘もいて、もう誰にどれくらい恐縮していいのか分からず、ただただ疲れた。母親は喜んでいた。ウーマンリブ台本を直しつつ久しぶりに大人計画の人々に会った。福島の人が3人いて、やっぱり地震の話になる。

2011年6月1日(水)
衣装合わせ。奥さんの誕生日だが帰ったら寝てた。

2011年6月2日(木)
最後の稽古休み。なんか色々とたまってる仕事をやったら終わった。

2011年6月3日(金)~6日(月)
追い込み。みんなクタクタに疲れている。新人の矢本の語尾と動きが気になり何度ダメ出しても直らない。「自分、訛ってますから」と言っていたが、訛りなら少路や皆川くんの方がヒドいはず。馴れちゃったのかな。最年長の岩松さんは元気にサイテーなセリフを復唱している。松尾さんは喉を気にしている。田辺さんは日に日に自由度を増し、そしてあおいちゃんは朝と夜でテンションがぜんぜん違う。この不安も期待もそのまま下北沢に持って行くんだな。

2011年6月7日(火)
シロウト名鑑会議。時間が余って『アンノウン』というサスペンス映画を見る。アメリカっぽかった。劇場に入り装置をチェック。今回、転換時にブラックライトを多用している。装置に特殊な塗料を塗って転換時に浮かび上がらせるというのが狙いなのですが、その塗料がなかなか乾かず、ブラックライトを点灯してない時も浮かびあがったままで、このままだとヤバいぞと思いつつ帰宅。

2011年6月8日(水)
場当たり。塗料が乾いて見えなくなっている!よかったぁ。オープニングの照明についてあれこれ悩んで何度も繰り返してたら数時間経っていた。ふと見るとキャストはセットの畳の上に倒れこんでいる。いかんいかん。まだ始まってもないのに終わってる。何とか3分の2を終えて終了。

2011年6月9日(木)
場当たり続き~ゲネプロ。皆川三宅村杉顔田正名池津さんが観に来た。有り難いけど参考にならない意見をいくつか頂いた。というか、ゲネでこんなに笑い声が起こるの久しぶりだ。そういう公演は得てしてお客さんにはウケない。嫌な予感。

2011年6月10日(金)
気になるところを幾つか修正して初日。実に初日初日した初日でした。1ヶ月みっちり稽古して、もう面白くも何ともなくなってしまったセリフが面白いんだということをお客さんに教わった。ありがとうございます。ロビーで乾杯。明日もあるしと早々に帰る。

----------

2011年11月1日(火)
ドラマに没頭して日記のことをすっかり忘れてました。というか飽きてました。しかし書かないと何も記憶できないほど脳がへたっている事をこの半年で知りました。それは困るので再開します。ドラマの本も書き上がったし。今日は午後に打ち合わせ。家帰って製本された「11人もいる!」の最終話を読み、4日から稽古が始まる「アイドル、かくの如し」の台本が届いたので読む。やばい。こういうの、やったことない。

2011年11月2日(水)
おもに家族サービスをしていた。夕方から次回作の構想。まだ言えない。DVDで何故か『アメリ』を観た。

2011年11月3日(木)
『エイリアン・ビキニの侵略』という韓国映画を観る。うーん。もっとバカバカしいものを想像していたが、こういう映画でも儒教的な要素が入って来るんだなあ。

2011年11月4日(金)
稽古初日。びっくりだ。台詞が頭に入って来ない。とりあえず覚えなきゃ。取材を2つ受けて帰る。

2011年11月5日(土)
いきなり立ち稽古。しかも細かく。やばい。これが岩松さんの稽古なのか。ついて行けるかな。

2011年11月6日(日)
稽古休み。娘と遊んだんじゃないかな。仕事もしたけど。

2011年11月7日(月)~12日(土)
取材。稽古。帰って少し仕事というサイクルの毎日。ここ最近、相米慎二監督の映画を見返している。まずアイドル映画ということで『セーラー服と機関銃』を観る。立て続けに『ションベンライダー』『台風クラブ』と初期作品を見返した。面白いんだけど長回しは集中して見ないと寝てしまうな。相米監督の本を読んでて、ひょっとして岩松さんと相米さんの演出法って似てるんじゃないか?と感じる。11日TBS磯山さんに久しぶりに会う。台本を書き上げたと話したら「なにい!?いつもそんなに早く上がんないじゃん!」と若干キレられた。12日はパンフレットの対談を三宿で。個室の居酒屋で女性店員が不必要にエロかった気がした。

2011年11月13日(日)
幼稚園の作品展を観に行く。3年続けて行くと娘の成長が良く分かる。午後、浅草に平成中村座を観に行く。勘三郎さんが元気で驚いた。『沼津』という渋い演目で、背中の曲がった老人の役をやってたのですが、勢いあまって立っちゃうんじゃないかと思った。歌舞伎は歳を取らなきゃ出来ない役もあるから楽しいだろうなと思った。そして勘太郎くんと七之助くんの輝きが増していた。

2011年11月14日(月)
『5LDK』のロケで夏川さんとサシで飲む、というテイのトーク。お酒強いな。その後、取材を一件。完全に酔っ払っていたが、シラフを装うあまり不自然に辛口な発言をしてしまった。

2011年11月15日(火)
稽古。

2011年11月16日(水)
5LDKスタジオ収録。TOKIO久しぶり。長瀬くんがまたデカくなってる気がした。ツイッターに対する敵意を喋ってみたけど面白く喋れたのかな。終わって稽古。喉がヤバい。

2011年11月17日(木)
稽古。ひたすら稽古。その後取材×2。

2011年11月18日(金)
稽古後打ち合わせ。そう言えば今日、稽古場で夏川さんが腰を痛めていたが大丈夫かな。

2011年11月19日(土)~21日(月)
夏川さん大事を取ってお休み。稽古後、次回作に向けてシナハンの旅に出る。美味しい魚食えるかなとテンション上がり過ぎて東京駅で回転寿司。バカか。そのまま新幹線で移動&宿泊。翌日は沿岸部を取材と称してブラブラ。夜は地元の居酒屋で刺身を食った。そりゃ美味いわ。2日目もブラブラ。まだこの土地を舞台に書くか否かは分からないが、いい気分転換になった。と同時に、普段シナハンなんてやらないので、遊んでんだか仕事なんだか分からないボヤっとした2日間でした。

2011年11月22日(火)
台本が完成した。ヤバいよ。すごい出てるしすごい喋ってるよ。夜はアジカン後藤氏と対談。ちゃんと喋るの初めてだけど、なんだろう、距離の取り方が俺っぽい。めちゃめちゃ親近感。

2011年11月23日(水)
稽古後、事務所で打ち合わせ&取材。映画『ナニワサリバンショー』についてということでしたが、ギターを持参されており、なんか弾いてくれと言われ、困惑しつつ『雨あがりの夜空に』のイントロの弾き方の、ごく初歩 的な正解と不正解を教えてあげた。チャボはDのコードを5~7フレットではなく10~12フレットで弾くんです。そのあと、若い女子アナの方が屈託なく「私、あれ好きなんですよぉ♪こんな夜に~、お前に乗れないなんて~ってやつ」と、本当に屈託なく言うので、全身の力が抜けてしまった。「ええと、今弾いたのが、それです」と答えるのが精一杯だった。談志師匠の訃報に触れ、家にあった談志落語のCDをパソコンに読み込む作業。1度だけ対談したことあるけど色んな意味ですごい人だったな。話は8割がた理解できなかったが着ている服がアップリケだらけだったのが強烈だった。

2011年11月24日(木)
エアコンの修理が来ると言った時間に来ない。だいぶ遅れて来て、型番だけえて帰って行った。稽古後は久々の小園&三宅&俺の3人リハ。やっぱりバンドは楽しいな!と決して口では言わないけど思った。

2011年11月25日(金)
マッサージ。超絶テクニックの持主に遭遇。若干揉み返し。なんかいろいろ見たい映画や芝居があるんだけど余裕ないわ。とりあえずやらなきゃいけない仕事をちょっとずつ進める。

2011年11月26日(土)
稽古後初めてみんなで飲んだ。楽しくて電車で帰った。明日は休みだ。あれもこれもあるが、とりあえず疲れを取る。

2011年11月27日(日)
稽古休みなので他の仕事をまとめてやる。

2011年11月28日(月)
衣装合わせ。基本的にスーツだ。そのまま稽古。夜は早く帰って久しぶりに家でご飯食べた。

2011年11月29日(火)
打ち合わせ→稽古→打ち合わせ。頭がこんがらがる。

2011年11月30日(水)
打ち合わせ→稽古→バンドリハ。7人組って難しい。3、4人だと話がひとつにまとまりスムーズに流れるけど7人いると3対4とか4対3に分かれてしまう。誰かがリーダーシップ取らないとまとまらないから仕方なく仕切る。こんなことを16年もやるなんて。あ、7人になったのは割と最近か。いや、もう10年だ。

2011年12月1日(木)
稽古後NHKで実家紅白歌合戦。まあ、あんな感じになるよね。母親が双方ともいい働きをしてくれた。

2011年12月2日(金)
通し稽古後、取材を受けた後に渋谷で飲み会。楽しさと睡魔のせめぎ合い。睡魔が勝ってしまった。

2011年12月3日(土)
通し稽古後、みうらじゅんさんと対談。というか酔っ払うまで喋るだけ喋る。面白いおじさんと喋るのは楽しいしラクだ。年上はリードしてくれる。2時半ごろ帰宅。なんか仕事であることを忘れる仕事ばかりで仕事らしい仕事がたまりまくっている。

2011年12月4日(日)
稽古場ばらし。数日ぶりに早く帰ったらお客さんがいて食べ物がいろいろ残っていて夕食を済ませる。文春の連載を書きながら途中から『実家紅白歌合戦』を聴く。おやおや。ほとんど編集してないぞ。これなら生放送も行けるかもしれん。

2011年12月5日(月)
久しぶりに悪夢を見た。無免許医師の俺が、なぜか古田さんの顔をハサミ一本で、麻酔もナシで、獅童さんの顔にするという夢。しかも騎乗位で。俺が下になって古田さんが被いかぶさる形で。恐かった。どこにも書けないのでここに書いておきます。ちなみに手術は成功した。この二人の『フェイスオフ』が実現したら思い出して欲しい。元ネタは俺の夢だ。

2011年12月6日(火)
今日から本多劇場。『母を逃がす』再演以来3回連続の本多。しかも次の本公演も本多。東京はもう本多の舞台にしか立ってない。まあ、好きだからいいけど。場当たりは順調に進んで、最後の章まで行ってしまった。帰りにカフェで別の仕事。なんだこの余裕は。

2011年12月7日(水)
ゲネプロ。やりながら、俺はここまで笑いに頼らない芝居をやった事がないと気がついて一気に緊張する。言い方とかアドリブとか顔とかヘンな動きとかで瞬間的な笑いを取りたくなるのをあえて封印してストイックにやりきるのが今回のテーマなので、そうなるともう岩松さんの感覚に委ねるしかない。関係者が多く見に来たので「別にカッコつけてるわけじゃないからね、そういう演出だからね」と言い訳してしまった。明日は初日だ。

2011年12月8日(木)
初日。個人的にはまずまずの出来じゃないかな。分からない。頼みの綱の岩松さん本番は出演してるから見てないし。とりあえず喉は潰してない。終演後、初日をご覧頂いた、ちょっとすごい方と少し飲んだのでした。高校の時にライブを観に行ったことを言い出せなかった。

2011年12月9日(金)
セリフが飛んだ。詳しくは文春に書いたけど真っ白になった。真っ白って意外と心地いいと今は思う。阿部くんなんかと飲んだ。

2011年12月10日(土)
2回公演。昨日の真っ白部分をしつこく練習。

2011年12月11日(日)
本番終わって渋谷で打ち合わせ。週刊文春書いてNHKで『実家紅白歌合戦』。終わって『おやすみ日本』打ち合わせ。

2011年12月12日(月)
ひたすら次回作の台本書き。進んでるようで進んでない。

2011年12月13日(火)
昨日の続き~本番。荒川くんとかと飲んだ。

2011年12月14日(水)
2回公演。飲まずに帰った。

2011年12月15日(木)
1回公演。水曜マチネ制が導入されてから、役者としてはラクだけど、執筆業を並行している身としては、なかなかペースが掴めないままである。

2011年12月16日(金)
打ち合わせ~本番~魂リハ。石鹸からラフィンノーズのドキュメン トを借りる。「泣けるよ」というので楽しみにしてたのだが、どういうわけかデッキでもPCでも見れない。

2011年12月17日(土)
2回公演。夜は向井さんが来たので岩松さん、キューン西條さんと少し飲んだ。西條さんからラフィンのドキュメント借り直し。

2011年12月18日(日)
レコーディング。詳細は言えないけれど久しぶりのスタジオ作業で楽しかった。

2011年12月19日(月)
引き続きレコーディング。今日はギターを入れる。夜は11人打ち上げに合流。子供たちと2ショットをたくさん撮った。その写真、捨てないでねと思った。

2011年12月20日(火)
台本書き。本番。東映の岡田さんと撮影の田中さんと久しぶりに飲む。

2011年12月21日(水)
2回公演。関係者が多かったな。ラフィンノーズのドキュメンタリーを見て、つい『ワチュローパーティ』というインタビュー本を買って楽屋で読み切ってしまった。

2011年12月22日(木)
台本書き。本番後ウラスジ。新宿ロフトで久々にやる。ぎこちな楽しいライブだったな。予定してた曲を3曲もカットした。幕張の前にやっといて良かった。COBRAのライブを見る。最高。帰ってベスト盤をパソコンに取り込む。昨日演ったのはほとんど知ってる曲だったんだな。

2011年12月23日(金)
2回公演。さすがに疲れが出て来たぞ。明日から変則スケジュールだ。

2011年12月24日(土)
昼1回。帰ってクリスマス手巻き寿司パーティ。食い過ぎた。娘を寝かしつけて自分も2時間ほど寝て、夜中に起きて仕事…のつもりがゴッドタン見ちゃう。

2011年12月25日(日)
昼1回公演。終演後は奥さんの実家ですき焼き。食い過ぎた。

2011年12月26日(月)
久々にホテルに缶詰まる。自主的に。

2011年12月27日(火)
喉がヤバい。疲れか?昨日ホテルで煙草吸っちゃったからか?やっぱ煙草は良くないな。夜はたかのてるこさんと対談。闇太郎で。吉祥寺特集らしい。そうか。たかのさんも吉祥寺なんだよな。

2011年12月28日(水)
映画の衣装合わせ。姿勢の悪さを京都弁で指摘される。2ステ。夜はついに松尾さんが来てくれた。そして打ち上げ。

2011年12月29日(木)
楽日。とりあえず喉は最後までもった。魂リハ。皆川くんが合流するまで時間を持て余し、オープニングの演出をあれこれ試す。12時終了。まるまる12時間下北沢にいたよ。

2011年12月30日(金)
悪あがき的に年末の仕事に打ち込む。ちょっとは進んだのかな。

2011年12月31日(土)
カウントダウン。タイトだったと思う。初めて予定の曲を全て演奏できたのではないか。いつもだいたいローディーの上甲さんに「ムリです」と苦笑いされ、1曲か2曲削るという展開だったので、それは嬉しかった。佐野元春さんのステージを奥さんと鑑賞。魂以上にタイトだ。ラストは『アンジェリーナ』やっぱり世代的にグッと来る。疲れたので早々に帰り家で紅白の終わりの方をチラ見して年越し。